消費税の税込み価格、税抜き価格の計算方法は?端数はどうする?

★ お気に入りに追加
税込み 税抜き

「消費税の計算はお店(小売店)がしっかりやってくれればいい」
そう思っている消費者は少なくないと思います。

消費税は「%」が出てきたり「0.08」や「0.1」「銭」といった扱いにくいうえに小さい数字を使ったりするので複雑に感じる人も多いでしょう。

しかし、消費税は2019年10月に、とうとう「2桁パーセント」(10%)になります。家計への影響は増々大きくなるので、消費者こそ消費税の計算を正しく行う必要があります。

また、これから小売店を開業しようとしている人や、小売店で働こうとしている人(アルバイト・パートの方)も、消費税を正しく計算できなければなりません。
計算があやふやだと、客から預かる消費税が多すぎたり少なすぎたりして、いずれの場合も経営に悪影響を与えます。

そこで正しい計算法や1円未満の端数の処理などについて詳しく、かつ易しく解説します。使う知識は小学5年生の算数だけです。

1.税抜き価格から税込み価格を計算する

税抜き価格から税込み価格を計算する方法を紹介します。

その前に、消費税の計算を複雑にしている税率と%について解説します。
例えば日本語で次のように解説します。

  • 消費税は2019年10月1日に税率が8%から10%に上昇します

税率とは、税金の額を計算するときに使う数字です。消費税の額は、商品やサービスの本体の値段(本体価格や税抜き価格といいます)に応じて変わります。本体価格が高くなると消費税の額も上昇します。
消費税の額は次の計算式で出します。

  • 消費税の額=本体価格×税率

この式から、税率の数字が変わらなくても、本体価格が上昇すると消費税の額も上昇することがわかります。

次に、税抜き価格(本体価格)と税込み価格(消費税を上乗せした価格)の関係についてみていきます。先ほどの消費税の額の計算式から、両者の関係はこうなります。

  • 税込み価格=本体価格+消費税の額
    =本体価格+本体価格×税率

この式は次のように書き換えることができます。

  • 税込み価格=本体価格×(1+税率)

消費税の税率は2019年9月30日までは8%で、10月1日から原則10%になる予定です。

「%」は、計算をするときに数字を100分の1にします。すなわち8%は8の100分の1なので0.08で、10%は10の100分の1なので0.1です。
したがって、上記の計算式は以下のようになります。

  • <消費税8%の場合>
    税込み価格=本体価格×1.08=税抜き価格×1.08
  • <消費税10%の場合>
    税込み価格=本体価格×1.1=税抜き価格×1.1

これで税抜き価格(本体価格)から税込み価格(消費税を上乗せした価格)を計算することができました。

2.税込み価格から税抜き価格を計算する

税込み価格(消費税を上乗せした価格)から税抜き価格(本体価格)を計算するとき、先ほどの計算の逆の計算をします。

  • 税込み価格=本体価格×(1+税率)

この計算式の逆の計算式はこうなります。

  • 本体価格=税込み価格÷(1+税率)

この2つの計算式は「×」と「÷」が変わっていますが、まったく同じ内容になっています。

2-1.簡単に計算する方法(8%の場合)

小売店では原則、税込み価格を表示することが義務づけられています。したがって日頃の買い物では、本体価格と消費税の額がすぐにはわからないことがあります。
そこで本体価格と消費税の額を計算するコツを紹介します。

<消費税8%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>

  • 1.08で割る
  • 0.926をかける

このいずれの方法でも本体価格を出すことができます。

例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば本体価格1,000円が出ます。

  • 1,080円÷1.08=1,000円
  • 1,080円×0.926=1,000.08円

下の計算式は端数の「0.08」が発生しましたが、大体1,000円になることがわかります。端数については後で解説します。

<消費税8%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>

  • 108で割って8をかける
  • 13.5で割る

このいずれの方法でも消費税の額を出すことができます。

例えば「税込み価格1,080円」と表示されていたら、次のように計算すれば消費税の額80円が出ます。

  • 1,080円÷108×8=80円
  • 1,080円÷13.5=80円

2-2.簡単に計算する方法(10%の場合)

ちなみに消費税10%になると計算のコツはこうなります。

<消費税10%の税込み価格から本体価格を計算するコツ>

  • 1.1で割る
  • 0.909をかける

<消費税10%の税込み価格から消費税の額を計算するコツ>

  • 110で割って10をかける
  • 11で割る

3.端数は切捨てが多い

消費税の額や税込み価格では、どうしても1円以下の金額が出てしまいます。

1円以下には銭というお金の単位がありますが、銭は日常生活では使いません。銭の額のことを端数といいます。

つまり金額を計算した結果、銭が出てきたら銭の額を「1円とみなす」か「0円とみなす」か決めなければなりません。

「銭の額を1円とみなす」方法は切り上げといい、1銭でも発生したら1円とみなす方法です。
ちなみに100銭=1円です。

「銭の額を0円とみなす」方法は切り下げといい、99銭でも0円とみなす方法です。

切り上げと切り下げの中間の存在が四捨五入です。
四捨五入は50銭以上を1円とみなし、49銭以下を0円とします。

銭の額(端数)の処理方法は法律で定まっていません。つまり小売店によって1銭でも1円とみなすこともありますし、99銭でも0円とみなすこともあります。

ただ端数を切り捨てたほうが客の利益になるので、切り捨てを採用する小売店が多いようです。

また業者と業者の間での取引では、両者で端数処理の方法を決めます。

4.消費税の表示や申告では、税込み価格が基本

小売店などの事業者は、消費者に商品やサービスの価格を表示するときは原則、税込み価格(総額表示)にしなければなりません。
総額表示は消費税法によって事業者の努力義務になっています。

事業者は客から徴収した消費税を税務署に納めなければなりません。消費税を納めるには「消費税及び地方消費税の確定申告」(消費税申告)が必要になります。

消費税申告は専用の申請用紙を使うのですが、そこでは事業者が消費税額を記載します。そのときに税込み価格から税抜き価格を計算する必要があります。

まとめ

「消費税」「本体価格」「税抜き価格」「税込み価格」「税率」「銭(端数)」といった、消費税ならではの「特殊な数字や金額」をみてきました。

最後に、8%/10%のときの計算方法を、もう一度おさらいしておきます。

税率計算の種類計算方法
8%税抜き価格から税込み価格税抜き価格×1.08
税抜き価格から消費税税抜き価格×0.08
税込み価格から税抜き価格税込み価格÷1.08
または
税込み価格×0.926
税込み価格から消費税税込み価格×8÷108
または
税込み価格÷13.5
10%税抜き価格から税込み価格税抜き価格×1.1
税抜き価格から消費税税抜き価格×0.1
税込み価格から税抜き価格税込み価格÷1.1
または
税込み価格×0.909
税込み価格から消費税税込み価格×10÷110
または
税込み価格÷11

税抜き価格から税込み価格への変換と、税込み価格から税抜き価格への変換は、家計にも店の経理にも必要になってきますので、しっかり押さえておいてください。

端数処理は自由に決めることができるだけに「しっかり決めておく」ことが重要になります。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ