電車の定期券や映画チケットは9月末までに買いましょう

★ お気に入りに追加
チケット

2019年10月1日から消費税が8%から10%に上がりますが、特定の分野については、一部は元の8%でOKという経過措置が適用されます。

そのひとつである「旅客運賃等の税率等に関する経過措置」について解説します。

これは、実際の利用が2019年10月1日以降でも、9月30日までに購入すれば旧税率8%が適用されるルールで、対象は旅客運賃のほか、映画や競馬場、美術館などの入場料金も含まれます。

電車の定期券や映画のチケットなどは2019年9月30日までに買うとお得です。

1.旅客運賃等の税率等に関する経過措置とは

旅客運賃等の税率等に関する経過措置とは、どのような内容なのでしょうか。まずは国税庁の解説をそのまま引用します。

事業者が、旅客運賃、映画・演劇を催す場所等への入場料金を26年施行日(平成26年4月1日)から31年施行日の前日(平成31年9月30日)までの間に領収している場合において、当該対価の領収に係る課税資産の譲渡等が31年施行日(平成31年10月1日)以後に行われるときは、当該課税資産の譲渡等については、旧税率(8%)が適用されます

【出典】国税庁:平成31年(2019年)10月1日以後に行われる資産の譲渡等に適用される消費税率等に関する経過措置の取扱いQ&A【基本的な考え方編】

この文章は税金用語が含まれていて理解しにくいので、簡単にポイントを抜き出しました。

  • 旅客運賃等とは具体的には次のとおり
    -汽車、電車、乗合自動車、船舶、航空機の旅客運賃(貨物は除く)
    -映画、演劇、演芸、音楽、スポーツなどを観る入場料金
    -競馬場、競輪場、小型自動車競走場、モーターボート競走場への入場料金
    -美術館、遊園地、動物園、博覧会の入場料金
  • 対象となるのは、2014年4月1日から2019年9月30日までに購入したもので、実際の利用は2019年10月1日以降になるもの
  • 経過措置の内容は、旧税率8%が適用される

経過措置

このことから、2019年10月1日以降に使う旅客運賃や、映画館・遊園地などの入場料は、9月30日までに購入すれば割安になることがわかります。

10月1日以降に旅行や遊びに行くことがわかっているなら、前売指定席券や、前売入場券を購入すると良いでしょう。

ポイント

経過措置の対象となるもののポイントは、いずれも「不特定多数かつ多数の者」を対象としているかどうかです。

電車・バス等の公共交通機関や、映画館・遊園地等は、幅広く誰でも利用できるものですので、対象となります。

2.経過措置の対象となるもの

経過措置の対象となるものを、具体的に紹介していきます。

(1)2019年10月1日をまたぐ定期券、回数券等は8%

例えば、電車の3カ月分の定期券を、2019年9月1日~11月30日の期間で購入したとします。
このように消費増税スタートの10月1日をまたぐ定期券は、旧税率8%が適用されます。

定期券だけでなく回数券も同じです。

(2)船舶、航空機などの公共交通も対象

電車・新幹線等の乗車券に限らず、バス乗車券、船舶乗車券、航空券などの公共交通も対象です。

(3)プロ野球の年間シートも8%

「10月1日をまたぐと8%」ルールは、プロ野球の年間シートにも適用されます。2019年シーズンの春から秋までの年間シートは、10月1日以降の利用分も含め税率は8%です。

(4)クレジットカード利用でもチケットレスでも8%

経過措置の条件に当てはまる旅客運賃等であれば、クレジットカードで購入しても8%が適用されます。
またチケットレスで経過措置の条件に当てはまる旅客運賃等を購入しても8%です。

3.経過措置の重要な例外と注意点

経過措置の原則は上記のとおりですが、これには例外もあります。
重要な例外と注意点を紹介します。

(1)ICカードのチャージは10%

電車料金用などのICカードの購入は、経過措置の対象外です。
つまり、2019年9月30日にICカードを購入したり、既存のICカードに追加チャージをしたりして、その分で10月1日に電車の運賃を支払っても、10%が課税されます。

ICカードの購入やチャージ自体は、単純にある金額を前払いしただけで、具体的な切符を購入したことにはならないからです。

(2)10月1日以降にアップグレードしたらその分のみ10%

例えば、9月30日に、10月2日開催の演劇のチケットを買ったとします。このときの税率は8%です。ところが10月1日に、その演劇の座席をアップグレードして、追加料金を支払ったとします。このとき追加料金の消費税は10%です。

以上のことをまとめるとこうなります。

  • 9月30日に購入した本体部分:税率8%
  • 10月1日にアップグレードした部分:税率10%

(3)ディナーショーは8%、ディナークルーズは10%になるかも

ディナーショーは旅客運賃等に該当するので、10月1日以降に観るディナーショーのチケットを9月30日までに買えば税率は8%です。ディナーショーは映画や演劇などに類するものだからです。

しかし、遊覧船に乗って夕食を楽しむディナークルーズは、経過措置の対象外になり、9月30日までにチケットを買っても、実施が10月1日以降であれば10%を適用されます。
それはディナークルーズの料金のうち「旅客運賃分」は副次的なもので、メインは「夕食を食べること」だからです。食事は旅客運賃等に該当しません。

(4)セミナーと講演会の入場料は判断がわかれる

セミナーや講演会の入場料が旅客運賃等に該当し、経過措置の対象となるかどうかは微妙なところです。

セミナーや講演会は特定の参加者を対象としており、映画や演劇のように「不特定多数を対象としている」とみなすことが難しいからです。

したがってセミナーや講演会の入場料の消費税率については主催者に問い合わせをする必要があります。

まとめ

旅客運賃等の税率等に関する経過措置は、企業の総務担当者や経理担当者はもちろんのこと、個人の方も十分注意する必要があります。

大量買いや高額チケットの購入では、2%の差はとても大きいからです。チケットなどを確実に利用するのであれば、2019年9月30日までに購入しておきましょう。

また、ICカードのチャージや座席のアップグレードなどの経過措置の例外(経過措置が適用されないこと)もあるので、こちらも注意してください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ