初めて作る方におすすめのクレジットカードを5枚厳選

★ お気に入りに追加
クレジットカード

現在、2019年10月より消費税の増額が予定されています。税率は一部商品を除き現在の8%から10%に引き上げられる見込みです。

この消費税増額に合わせて、中小、個人事業主やフランチャイズチェーンなどでクレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済を使った消費者に対し、購入額の5%または2%分をポイントで還元する施策が打ち出されました。

こんなニュースを目にしてあらためてクレジットカードの入会を検討する方も多いことと思います。

でもふだんクレジットカードを使わない方からしたら「クレジットカードって危険そう」という心配があると思います。
また、持っていない方は「クレジットカードの種類が多すぎて何が良いのかわからない」ということもあるでしょう。

クレジットカードはポイント率や使い方、年会費や受けられるサービスなど様々で、どれを選べばいいかわからないのも当然です。
今回は、そんなクレジットカード初心者の方でも安心してクレジットカードを選んでもらえるように、

  1.  クレジットカードを使うメリット
  2.  初めてクレジットカードを作る時のポイント
  3.  初心者でも使いやすいおすすめのクレジットカード5選

を紹介していきます。

1.クレジットカードを使うメリット

(1)ポイントが貯まる

なんといってもクレジットカードを使う最大のメリットはポイントが貯まることです。

ほとんど全てのクレジットカードに、利用額に応じて貯まるポイントサービスがついています。
ポイントの貯まり方はクレジットカード会社によってさまざまですが、利用額の0.5%〜1.0%が多く、貯まったポイントは商品券やマイルと交換したり、店舗で現金の代わりとして利用したりできるのが一般的です。

また、公共料金をクレジットカード払にしてポイントを貯めることができるのも魅力です。電気代、携帯代金を銀行口座引き落としやコンビニ入金にしている方も多いと思いますが、それらをクレジットカード払いに変えるだけで効率よくポイントがたまっていきます。
ポイントをマイルに交換できるカードもありますので、海外旅行が好きな方など飛行機を利用する機会が多い方なら旅費の節約も可能です。

お店独自のポイントカードは、そのお店でしかポイントが貯まらず、貯めたポイントはそのお店でしか使えません。でも、クレジットカードのポイントなら日常のほとんどのお買い物で好きなポイントを貯めることができて、クレジットカードによっては様々な使い道があり、現金よりもかなりお得です。

(2)お店や施設などでうれしい優待がある

クレジットカードには、カード会社ごとに独自の優待や関連施設などで利用できる優待が付いています

内容はカードによってさまざまですが、たとえばイオンカードには、毎月20日・30日にイオン等の対象店舗でカードでお支払いをすると5%OFFになるという特典があります。

また、商業施設やフードコート、レストランなどでカードの提示または決済をすると割引があったり、優待価格で旅行ができたりと、様々な特典が用意されています。
さらに、ゴールドカードなどといったハイステータスカードなら、空港ラウンジやツアーデスクが無料で利用できるなど、旅が快適になる豪華なサービスも付帯されています。

(3)補償・保険が付帯されている

クレジットカードは「財布を失くしてしまったり、盗まれてしまった際に悪用されるのが怖い」と考えている方もいるでしょう。しかしすべてのクレジットカードに、紛失・盗難補償が付帯されています

補償を受けるためにはカード会社や警察に届けるなどの手続きが必要ですが、正しく手続きを行えば補償を受けられます。

現金を盗まれてしまった場合のほうが犯人の足が付きにくく、悪用されてしまったお金は戻ってこない可能性がきわめて高いです。紛失・盗難補償は、クレジットカードの大きなメリットです。

また、旅行傷害保険やショッピング保険などが付帯しているカードもあり、国内や海外旅行時の事故やショッピングに関するトラブルなど、万が一に備えることができます。

2.初めてクレジットカードを作る時のポイント

初めてクレジットカードを作る際の3つのポイントをご紹介します。

(1)年会費が無料であるか

クレジットカードには年会費が必要となるカードと、無料のカードがあります。また年会費が無料のカードでも永年無料で利用できるカードと、条件付きで無料になるカードの2種類に分けられます。

もちろん年会費が必要なカードには年会費相応のサービスが付帯されていることが多いですが、そのサービスを使いこなすことができるかは分かりません。せっかくクレジットカードを作っても、あまり利用することなく年会費だけ払い続けるということも珍しくありません。

そこでカードを使いこなせるかどうか不安なクレジットカード初心者のかたは、まず年会費が無料のカードから使い始めてみることをおすすめします。

(2)ポイント還元率と交換商品

年会費のほかにクレジットカード選びの基準にしたいのがポイントの還元率と何に交換できるかという点です。

まずポイント還元率ですが、還元率はクレジットカードによって異なります。
また、クレジットカードの中には指定された場所で利用をするとポイントが加算されるものもあります。基本的にはクレジットカード年会費が高額なほどポイント還元率も高い傾向がありますが、最近はクレジットカード年会費が無料でも1.0%を超える年会費のカードも出てきています。

次に、還元したポイントをどのような商品と交換できるのか、というのも大事な点です。
申込むクレジットカードを選択する際には、自分の好きな交換方法があるかも調べるようにしましょう。

ポイントによって商品や商品券が貰える場合もあれば、JALカードやANAカードのように航空券を割引購入できる「マイル」の役割を持つものもあります。そのほか好きな商業施設がクレジットカードを発行している場合は、その商業施設で使えるポイントが付与されるものもあります。

(3)国際ブランドがVISAまたはMastercard

クレジットカードには「国際ブランド」というものがあります。ほとんどのクレジットカードにはそれぞれ1つの国際ブランドが付いていて、対応する国際ブランドの加盟店で、決済することが可能です。

代表的な国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、AMEX、DinersClubがあげられますが、加盟店の数が多いVISAかMastercardのクレジットをおすすめします。

VISAは国内外ともにシェア1位を誇る国際ブランドなので、これ1枚を持っていれば基本的に問題はありません。世界的に見るとVISAに次ぐシェアを誇るMastercardも日本国内において使えないケースは少ないのでおすすめできます。

他の国際ブランドはVISAとMastercardに大きく差を付けられており、JCBは日本国内では使える場合が多いですが、海外の加盟店が非常に少ないです。初めに持つならVISAかMastercardのどちらかを選択するのがよいでしょう。

3.初心者でも使いやすいおすすめのクレジットカード5選

クレジットカード初心者の方には上記内容に加えてシンプルな設計のものをおすすめします。その中でもおすすめの5枚のクレジットカードを紹介します。

(1)Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTの魅力は、とにかく高いポイント還元率です。基本の還元率が1.0%で、入会後6ヶ月間は還元率が2.0%になる優れものです。また、500ポイントでAmazonギフト券やiTunesギフト500円分にすぐに交換できるという点も魅力的で、そのほかにもJALやANAのマイルへの交換も可能です。

また、オリコモールを経由してショッピングをすると、通常のオリコポイント獲得分に加えて、0.5%分のオリコポイントが特別に加算されます。

カード名称:Orico Card THE POINT
クレジットカード オリコ
【参照】価格.com:Orico Card THE POINT
年会費永年無料
国際ブランドMastercard、JCB
ポイント還元率1.0%
ポイント名称オリコポイント
付帯カード家族カード、ETCカード
スマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
電子マネー決済iD、QUICPay
その他入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ

(2)Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードの魅力は、Tポイントが貯まる点です。基本の還元率はこちらも1.0%で、Yahoo! JAPANショッピングやLOHACOを利用すると、毎日Tポイントが3倍貯まる点も魅力です。また、貯まったTポイントは全国のTポイント加盟店で現金のように使えるため、とても使い勝手がよいです。

カード名称:Yahoo! JAPANカード
クレジットカード Yahoo

【参照】価格.com:Yahoo! JAPANカード 

年会費永年無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率1.0%
ポイント名称Tポイント
付帯カード家族カード、ETCカード
スマホ決済楽天ペイ
電子マネー決済
その他商品に関連するトラブルが起きた場合に補償金を支払ってくれる
プラチナ補償も利用可能 ※月額490円(税抜き)

(3)三井住友VISAデビュープラスカード

満18歳~25歳限定のカードです。満26歳以降最初のカード更新時に「プライムゴールドカード」へ切り替わります。
年会費は初年度無料、年間1回以上のクレジットカード利用があれば次年度も年会費無料が継続されます。また、いつでもワールドプレゼントポイントが2倍、三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」を利用してネットショッピングをすれば、通常の2倍~20倍ポイントが貯まるなどポイントを貯めやすいカードです。三井住友VISAカードというブランドも利用者からすると安心です。

カード名称:三井住友VISAデビュープラスカード
クレジットカード 三井住友VISA

【参照】価格.com:三井住友VISAデビュープラスカード

年会費初年度無料
国際ブランドVISA
ポイント還元率1.0%
ポイント名称ワールドプレゼント
付帯カード家族カード、ETCカード
スマホ決済Apple Pay、楽天ペイ
電子マネー決済
その他入会から3ヶ月間はポイント5倍

(4)イオンSuicaカード

イオングループが近所にあってお買い物する方と、Suicaのデポジットを無料かつオートチャージ利用をしたい方にとってとてもメリットがある一枚です。さらにクレジットカード利用時に貯まったときめきポイントを、Suica電子マネーに交換が可能です。もちろんイオンでの利用もお得で、毎月20日と30日の「お客さま感謝デー」や毎月10日の「ときめきWポイントデー」も適用されます。

カード名称:イオンSuicaカード
クレジットカード イオン

 【参照】価格.com:イオンSuicaカード

年会費永年無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率0.5%
ポイント名称ときめきポイント
付帯カードETCカード
スマホ決済楽天ペイ
電子マネー決済Suica
その他海外旅行、国内旅行保険付帯

(5)楽天カード

年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まるカードです。
ネット不正あんしん制度や商品未着あんしん制度でといったネットショッピング時のトラブルに対応した制度も付帯されています。楽天市場を利用されるかたにおすすめのクレジットカードといえます。なお、ディズニーデザインやお買いものパンダデザインが選べます。

カード名称:楽天カード
クレジットカード 楽天

【参照】価格.com:楽天カード 

年会費永年無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
ポイント還元率1.0%
ポイント名称楽天スーパーポイント
付帯カード家族カード、ETCカード
スマホ決済Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
電子マネー決済楽天Edy
その他海外旅行保険付帯

まとめ

以上が初心者の方が最初の1枚として作る場合にオススメできるクレジットカードです。

クレジットカードを持っていなかったために今まで加入してこなかった、もしくはできなかったサービスなどに加入できるようになるなど、行動範囲は格段に広がります。

また、多額の現金を持ち歩く必要がなくなり、たくさん使いたくなるとは思いますが、決して無理な支払いはせずに、ご自身に合ったカードで、安定した支払いを心がけましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ