メルペイの導入方法とメリット

★ お気に入りに追加
メルペイ 導入

フリマアプリで有名なメルカリが、キャッシュレスサービス「メルペイ」を開始しました。

メルペイを導入すれば、メルカリで取引をしているユーザーが、売上金を使って、あなたのお店で買い物をすることができます。
QRコード決済も現時点ではiOSのみですが対応を開始しました。

具体的な導入方法とメリットについて説明していきます。

1.メルペイとは?

メルペイの基本情報やどれくらい普及しているのかをご紹介します。

(1)特徴

メルペイはiPhone、Androidに対応したQRコード決済アプリで、株式会社メルペイが運営しています。
メルペイはQRコード決済アプリとしては後発組で、2019年2月13日にサービスを開始したばかりです。

しかし、メルペイは先日KDDI株式会社が運営するau PAYと業務提携をすることを発表し、今後ますます普及していくことが予想されます。

メルカリ logo(Wikipediaより引用)

(2)お客様のメリット

メルペイを利用するメリットはフリマアプリ「メルカリ」で売り上げた金額を利用して支払うことができるという点です。

また売り上げた金額を利用することができるため、クレジットカードを持っていなくてもキャッシュレス決済を行えるという点もメリットとしてあげられます。

(3)決済方法

メルペイはiDを利用した決済とQRコードを利用した決済の2種類があります。
iDならかざすだけ、QRコードなら読み取るだけの簡単な操作で決済することができます。QRコード決済は3月25日から始まりました。

ただし、QRコード決済に関しては現状対応しているのはiOSのみです。

(4)普及状況

メルペイはiD決済に対応している全国90万箇所で利用できます。
今後QRコード決済は全国45万箇所利用できるようになると発表されているので、合わせて全国135万箇所で決済ができるまでに普及しています。

メルペイが使える主な店舗は

コンビニ

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ

ドラッグストア

  • ツルハ
  • ウエルシア
  • キリン堂

家電量販店

  • コジマ
  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ

などです。

2.メルペイを導入するメリット

メルペイを導入するメリットはどのようなものがあるかを他のキャッシュレスサービスと比較しながら解説していきます。

(1)初期費用が無料

キャッシュレス決済を導入する場合専用端末などの費用がかかってしまうのですが、メルペイは初期導入費、利用料が無料というのが最大のメリットです。
メルペイはスマホを持っていれば導入することができるのです。

(2)決済にかかる時間が短縮

決済時はお客様がアプリを起動して「コード払い」を選び、店頭のQRコードを読み取るだけという簡単な操作になるので、現金をもらい、おつりを返してというやりとりよりも決済の時間が短縮されます。
これにより、レジ回転率が上がります。

3.導入に必要な費用と端末

メルペイを導入するとなった場合に、どれくらいの費用がかかってくるかを解説していきます。

(1)導入費用、手数料

初期導入費用は0円です。
決済手数料は1.5%となっています。

(2)入金サイクル

入金サイクルは月1回か月2回のどちらかを選ぶことができます。
入金手数料は通常200円かかるのですが、10万円以上入金する場合は無料となります。

(3)端末

メルペイを導入するにはカメラ付きのスマホ、もしくはタブレットが必要です。
以下のバージョンであることが必要です。

OSiOS 10.0以上
Android 5.0以上
ブラウザChrome 最新バージョン
Firefox 最新バージョン
Internet Explorer 最新バージョン
Microsoft Edge 最新バージョン
Safari 11.1以上

4.メルペイの導入方法

実際にメルペイを導入するための方法を解説していきます。

(1)申し込み

メルペイ公式ホームページの加盟店フォームに事業者情報を入力し申し込みます。

(2)必要書類

申し込む時に必要な書類として、

個人事業主の方は、有効期限内の身分証等の画像(運転免許証、パスポートなど)が必要になります。

法人の方は、特に必要ありません。
法人番号が必要ですが、会社名を入力して検索すると表示されます。

(3)メールが届く

審査が完了すると最短2営業日でメールが届きます。

(4)初期キットが届く

加盟店限定キットが届きます。
店舗でつかえるメルペイの説明書や店舗用ステッカーが入っています。

(5)決済用端末に決済アプリをインストールする

審査に通過した時に送られてきたメールに手順が記載されているのでそれにしたがって決済アプリをインストールし、ログインします。

5.メルペイでの決済方法

メルペイで決済するときの流れを紹介します。

お客様の操作

先にお客様に操作してもらいます。

▼メルカリアプリを起動します。

▼下部のメニューから「メルペイ」を選択します。

▼コード払いを選択してコードを表示します。

店舗側の操作

次にお店側です。

▼メルペイ店舗用アプリを起動します。

▼会計を押して、金額を入力します

▼QR読み取り画面へを押し、お客様のスマホに表示されているQRコードを読み取ります

6.注意点

メルペイを導入する上でいくつか注意点があるのでご紹介します。

  • お客様が操作に慣れていないと逆に時間がかかってしまう可能性があります。
  • インターネットを利用するので停電すると利用できなくなる可能性があります。
  • 10万円未満の入金は、入金ごとに200円の入金手数料がかかります。
    →ただし、設定で入金を翌月以降に繰り越すことができます
  • 入金先口座にゆうちょ銀行を指定すると、通常より3営業日後の入金となってしまいます。

まとめ

大人気フリマアプリのメルカリ子会社が運営するメルペイはau PAYなどとの提携もあり今後もどんどん普及していくと考えられます。

またクレジットカードを持っていなくてもキャッシュレス決済することができるため、メルカリなら利用しているよという人が貯まった売上金を有効利用するためにメルペイを始めるといったことも大いにありえます。

そんな提携先、ユーザー数が増えるポテンシャルの高いメルペイを今のうちに導入してみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ