Suicaでオトクにポイント還元を受ける方法

★ お気に入りに追加
Suicaを有効活用してポイントゲット!Suicaをお得に使いこなそう

関東圏で利用が多いSuica。定期券や切符としてだけでなく、ポイントが貯められる電子マネーとしても使えて、大変オトクです。

また、10月1日からの、キャッシュレス・ポイント還元制度の対象にもなっていますので、期間限定ですが、対象店舗で利用すれば最大5%ポイント還元されます。

今回は「Suicaでお得にポイントをためる方法」を解説します

Suicaポイントの仕組みを理解して、Suicaを効率的に使いこなしましょう。

1.Suicaのポイント還元【2019年10月から】

2019年10月1日の消費税増税に伴い、Suica利用時のキャンペーンやポイント還元制度が発表されました。

大きく分けて下記3つに分類されます。以下、一つずつ解説していきます。

1. Suicaの電車利用で貯まるポイントサービス 

2. キャッシュレス・消費者還元事業

3. キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン

2. Suicaの電車利用で貯まるポイントサービス

(1) Suicaの特徴

Suicaは、JR東日本が出している「プリペイド式」の交通系電子マネーです。

電車だけではなく、自動販売機やコンビニやスーパーなど多くの店舗で使用できます。

またSuicaは、主要な交通系電子マネー同士で相互に利用可能です。Suica一枚で全国の電車やバスに乗車可能ですので、非常に便利です。

●相互利用可能な主要電子マネー(10種)
Kitaca、Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PASMO、manaca、PiTaPa、はやかけん、nimoca

ただし、それぞれポイントシステムが全く異なるのでご注意ください。

※本コラムではSuicaのポイント還元についてのみ解説致します。

(2) 還元されるポイント

これまでは、電車・バス等の運賃はポイント還元の対象外でしたが、10月1日から、JR東日本の在来線の利用でポイントがたまるようになります。

また、グリーン券の購入・定期券購入でもポイント還元されるようになります。

  • モバイルSuica(iphone・android等):50円ごとに1ポイント(2.0%
  • Suicaカード:200円ごとに1ポイント(0.5%

なおご覧の通り、モバイルSuicaと通常のSuicaカードで還元率が大きく異なります。

モバイルSuicaは現在は年会費税込1,050円(通常)かかるというデメリットもあります。

ただし来年2020年2月26日以降、年会費は全面的に無料になる予定ですので現在iphone等でモバイルsuicaを利用せず、普通のSuicaカードを利用している方は、乗り換えを検討する価値があると言えるでしょう。

関連記事
モバイルSuicaの登録方法【iPhoneユーザー向け】
モバイルSuicaは、電車に乗る時や、買い物時に、スマホ一つで簡単に決済ができる便利なサービスです。 モバイルSui…

(3)貯めたポイントの使い方

Suicaで貯めたポイントの、主な使い道は4つです。

①1ポイント1円相当でSuicaにチャージ
②ショッピングモールサイト「JRE MALL」で使う
③JREのポイントサイトで商品に交換する
④駅ビルでの買いものや飲食で利用する

ポイントの有効期限は「最後にポイント獲得・利用した日から2年後の月末まで」と、比較的長いので、使いたいタイミングで使えば良いでしょう。

Suicaに1ポイント1円相当でチャージしてそのまま使えるので、こまめにチャージするのもオススメです。

(4)JRE POINTサイトでの登録が必須

実は、Suicaをそのまま利用するだけでは、ポイント還元されないのでご注意ください。

ポイント還元を受けるためには、「JRE POINT」という専用のサービスに別途登録が必要です(入会金・年会費無料は無料)

登録を忘れるとどんなに頑張ってもポイント還元の対象外となってしまいますので、忘れないよう気をつけてください。

細かい登録方法については、別途記事で解説致します。

関連記事
Suicaの電車利用でポイント還元、登録方法と使い方
JR東日本は、2019年10月から、Suicaの鉄道利用でポイントが貯まる新サービスを発表しました。 日頃の鉄道利用…

3.キャッシュレス・ポイント還元|Suicaの場合

Suicaは、2019年10月1日から始まった「消費税増税時のキャッシュレス・ポイント還元制度」の対象になっています。

以下、還元率、対象店舗等解説します。

(1)還元されるポイントとは

電車利用のポイント還元と同様になりますが、「JREポイントへの登録」が必須です。

具体的には、中小企業や個人事業主の店舗では5%還元(20円(税込)につき1ポイント)、コンビニなどのチェーン店(フランチャイズ店舗)では、2%還元(50円(税込)につき1ポイント)が還元されます。

なお利用月1ヶ月分のJREポイントが、翌月の上旬に還元され、還元されるポイントはJREポイントの公式サイトの「会員ページ<ポイント履歴」で確認可能です。

■公式サイト
JREポイント公式サイト

(2)対象店舗

なお、どこでもポイント還元を受けられるわけではなく、「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟店登録をしている店舗でのみ還元が受けられます

下記のマークの有無で利用できるかどうかを判断することになります。 また当然ですが、Suica のマークが掲示されているお店である必要があります。

具体的には、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、松屋などにSuicaのマークが掲示されているのでご確認下さい。

「キャッシュレス・消費者還元事業」についてさらに詳しく解説している下記記事も合わせてご参照ください。

関連記事
キャッシュレス ポイント還元
消費税ポイント還元制度の最新情報まとめ
2019年10月1日の消費税10%増税に伴い、消費者に最大5%が還元される「ポイント還元制度」(正式には「キャッシュ…

4.キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン

次に、「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」の解説を致しますが、その前に「JRE POINTの基礎知識」を解説致します。

(1)JRE POINTのポイント還元率と貯め方

まず、Suicaを利用したJRE POINTのポイント還元率と、ポイントの貯め方を説明します。

ポイントの還元率

Suicaポイント|2種類のマーク

【画像引用元】登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店|JRE POINT

Suicaでの購入金額100円あるいは200円(税込)ごとに1ポイントたまります。2種類のマーク(加盟店標識)があり、どちらのマークかによって、貯まるポイントが変わります

たとえば「NewDays」や「KIOSK」では200円で1ポイント、「acure(自販機)」は100円で1ポイントです。

黄色いステッカー(加盟店標識)が目印

Suica登録して貯まるJRE_POINT|JRE_ポイントステッカー

【画像引用元】登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店|JRE POINT

上記のステッカーが目印です。このステッカー(加盟店標識)があるお店でSuicaを使うと、ポイントが貯まります。

ここで、ちょっと思い出してみてください。

このステッカー、「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」などで見かけたことありますか?

ないですよね。

そう。
実は、加盟店標識があるコンビニは「NewDays」だけなのです。

つまり、セブン・ファミマ・ローソンをはじめとして、ほとんどのコンビニでSuicaが使えますが、買い物に使えるだけで、Suicaの場合は、ポイントが貯まるわけではありません

セブンやファミマでSuicaを使うのは、ポイント的には非効率なので注意しましょう。

(*ただしSuica付きビューカード等でクレジットカード決済をした場合は、クレジットカードの利用ポイントは付きます)

駅ナカに設置されているNewDaysやKIOSK(売店)にはステッカーがあり、かつ、ポイント倍増キャンペーンなども展開されています。

(2)キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン

「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」とは、2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間、駅ビル・駅ナカでのキャッシュレスのお支払いでJREポイントの還元率がアップするキャンペーンです。

Suicaカード・モバイルsuica等を利用する場合|最大7%還元

JREポイントと連携されたSuicaの場合、黄色のマークのお店で利用すると還元率は下記のようにアップします。

通常の場合キャンペーン中
200円で1ポイント(「NewDays」や「KIOSK」の場合)200円(税込)につき4ポイント
100円で1ポイント(「acure(自販機)」等の場合)100円(税込)につき2ポイント

つまり還元率は2%になります。

しかも、お店がキャッシュレス・消費者還元事業に加盟店登録している場合は、さらに+2%、+5%が上乗せされます

最大7%が還元される大盤振る舞いであることが分かります。

JREカードを利用する場合|最大5.5%還元

「JRE CARD優待店(緑色のマークの加盟店標識がある)」でクレジット払いした場合、通常100円に付き3ポイントたまる「JREカード」というSuica付きのクレジットカードがあります。

JREカード優待店でJREカードを利用した際の還元率は下記のようにアップします。

通常の場合キャンペーン中
100円(税抜)につき3ポイント(「JRE CARD優待店」の場合)100円(税抜)につき5ポイント
クレジットカード請求金額確定時に1,000円(税込)につき5ポイントクレジットカード請求金額確定時に1,000円(税込)につき5ポイント

請求時のポイントは変更がありませんがボーナスポイントが100円につき3→5ポイントに増えます。

つまり3.5%還元から5.5%還元にアップするわけです。

なお、上記で解説したSuica決済とは異なり、お店がキャッシュレス・消費者還元事業に加盟店登録していても、+2%、+5%は上乗せされません

JREカードを利用時の注意点

JREカードのキャンペーンは、あくまでクレジットカード決済でのポイント還元です。Suicaの利用によるポイントではありません。

また黄色のマークしかないお店(ニューデイズ)の場合は、優待店向けのポイントがつかずに還元率は0.5%になります。

黄色のマークしかないお店でJREカードを利用する場合は、カードを提示して「クレジットカードで」と言わず、「Suicaでお願いします」と言ったほうがお得になります。

5. 【最新】JCB20%キャッシュバックキャンペーンはSuicaは対象外

Suicaを、iphoneの「Apple Pay」や「Google Pay」「モバイルSuica・おサイフケータイ」を利用してSuicaの機能を利用している方も多いでしょう。

Apple pay等は、スマホがあればSuicaとして使えるようになるので、通勤ラッシュ時の改札なども非常にスムーズです。持ち歩くカードや定期券の枚数が減るので、お財布にも優しい機能です。

なお、アップルペイとグーグルペイは、頻繁にキャンペーンを開催しています。

特に2019年9月~12月は消費税増税とあわせて、過去最大級の20%キャッシュバックキャンペーンを現在JCBが行っています。ぜひ活用しましょう。

ただし、Suicaの利用はキャッシュバック対象外なので注意してください。あくまでJCBが提供しているQuicpayの利用で20%がキャッシュバックされます。Apple PayやGoogle Payを普段からよく利用している方はぜひチャレンジしてみてください。

詳しくは下記記事をご参照ください。

関連記事
Google&Apple PayのJCB20%還元キャンペーンの注意点【2019年8月~12月】
GooglePay&Apple Payで「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」が2019年…

6.最後に

Suicaは、ただ使うだけではポイントが貯まりません。
まずはJRE POINTサイトでSuicaやビューカードを登録しましょう。

NewDaysやKIOSKといった、駅ナカのお店だけではなく2019年10月1日からJR東日本の鉄道利用や定期券の購入などでもポイントが貯まるようになりました。

「あれ?もしかしてSuicaってポイント貯めにくいのでは…?」って思った方はJREカードやビューカードを併用するのもよいかもしれません。

定期券購入にビューカードを利用すると、1.5%のポイントがたまります。「Suica使用+定期券購入」で年間10万円使っている方は、年間1,500ポイント(1,500円分)還元されることになります。

ビューカードを経由して定期券を購入したり、Suicaにチャージすることで、効率よくポイントが貯まります。

「Suica+ビューカード」のコラボレーションで、ポイント還元を楽しむこともいいかもしれません。

関連記事
ビューカードのポイント還元率やメリットなどの基本情報を解説
画像引用元|株式会社東日本情報システム タッチして改札を通過するだけで料金が支払えるJR東日本の交通系ICカードSu…
この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ