Suicaでオトクにポイント還元を受ける方法

★ お気に入りに追加
Suicaを有効活用してポイントゲット!Suicaをお得に使いこなそう

関東圏で利用が多いSuica。定期券や切符としてだけでなく、ポイントが貯められる電子マネーとしても使えて、大変オトクです。

今回は「Suicaでお得にポイントをためる方法」を解説します

Suicaポイントの仕組みを理解して、Suicaを効率的に使いこなしましょう。

1.Suicaの特徴

まず最初に「Suicaとは何か」「どんな特徴があるか」を説明します。

1-1.交通系電子マネー

Suicaは、JR東日本が出している「プリペイド式」の交通系電子マネーです。

全国の交通機関が同様の電子マネーを出しており、主要な交通系電子マネー同士で相互に利用可能です。Suica一枚で全国の電車やバスに乗車可能ですので、非常に便利です。

●相互利用可能な主要電子マネー(10種)
Kitaca、Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PASMO、manaca、PiTaPa、はやかけん、nimoca

1-2.多数の加盟店で使用可能

Suicaはコンビニやスーパーを始め多くの店舗で使用できます。また、Suicaが使える自動販売機も増えてきています。
相互利用可能となっている主要な交通系電子マネー加盟店でも使えますので、全国規模で多くのお店でSuicaが使用可能です。

1-3.スマホ/携帯電話で使える

「Apple Pay」や「Google Pay」「おサイフケータイ(モバイルSuica)」の機能を利用して、スマホやガラケーでSuicaの機能を利用できます。

スマホがあればSuicaとして使えるようになるので、通勤ラッシュ時の改札なども非常にスムーズです。持ち歩くカードや定期券の枚数が減るので、お財布にも優しい機能です。

2.Suicaのポイント(JRE POINT)

次にSuicaのポイントを説明します。
Suicaで貯まるポイントは「JRE POINT」というもので、これはSuicaを使えば無条件にポイントが貯まるわけではありません。

Suicaのポイントを貯めるには「JRE POINTサイト」に登録する必要があります。

ポイントサイトへの登録はこちら(登録サイトに移動する)

3.JRE POINTのポイント還元率と貯め方

次に、Suicaを利用したJRE POINTのポイント還元率と、ポイントの貯め方を説明します。

3-1.ポイントの還元率

Suicaポイント|2種類のマーク

【画像引用元】登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店|JRE POINT

Suicaでの購入金額100円あるいは200円(税込)ごとに1ポイントたまります。2種類のマーク(加盟店標識)があり、どちらのマークかによって、貯まるポイントが変わります

たとえば「NewDays」や「KIOSK」では200円で1ポイント、「acure(自販機)」は100円で1ポイントです。

3-2.ポイントの貯め方

電車やバス乗車時に支払う分は、残念ながらポイント付与対象ではありません。
Suicaでポイントが貯まるのは、加盟店で買い物をした時です。

黄色いステッカー(加盟店標識)が目印

Suica登録して貯まるJRE_POINT|JRE_ポイントステッカー

【画像引用元】登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店|JRE POINT

上記のステッカーが目印です。このステッカー(加盟店標識)があるお店でSuicaを使うと、ポイントが貯まります。

ここで、ちょっと思い出してみてください。

このステッカー、「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」などで見かけたことありますか?

ないですよね。

そう。
実は、加盟店標識があるコンビニは「NewDays」だけなのです。

セブン・ファミマ・ローソンをはじめとして、ほとんどのコンビニでSuicaが使えますが、買い物に使えるだけで、ポイントが貯まるわけではありません

セブンやファミマでSuicaを使うのは、ポイント的には非効率なので注意しましょう。

ポイントを貯めるなら駅ナカ

逆に、駅ナカに設置されているNewDaysやKIOSK(売店)にはステッカーがあり、かつ、ポイント倍増キャンペーンなども展開されています。

Suica JREPOINT 5倍キャンペーン

【画像引用元】NewDays・KIOSK セルフレジで平日朝「JRE POINT5倍」キャンペーン!|JRE POINT

例えば4月中は、平日朝にセルフレジを使って買い物をすると、JRE POINTポイントが5倍付与されるキャンペーンを展開しています。(4/1~4/26の平日6:00~9:00。200円=5P)

それ以外にも、色々なポイント獲得のキャンペーンが実施されています。気になる方は、下記URLを見てみましょう。

【参考】JRE POINTサイト

4.ビューカードの併用で更にポイント獲得

Viewカードでは、4月30日までオトクな新規加入CPを展開している

【画像引用元】ビューカードはSuicaを便利に使えるJR東日本グループのクレジットカード|Viewカード

以上を踏まえると、「あれ?もしかしてSuicaってポイント貯めにくいのでは…?」と心配になる方もいるかもしれません。

そこで、ビューカードを併用して効率よくSuicaポイントを獲得する方法をご紹介します。

JRE POINTサービスでは、Suicaへのチャージや、定期券購入にビューカードを利用することでポイントが貯まります。この場合、1.5%のポイントがたまります。「Suica使用+定期券購入」で年間10万円使っている方は、年間1,500ポイント(1,500円分)還元されることになります。

定期券を購入する場合はビューカードを利用する、またSuicaへのチャージもビューカードを利用する。そうすれば、電車やバス乗車時の支払いでも、ポイントを貯められます。

5.貯めたポイントの使い方

Suicaで貯めたJREポイントの、主な使い道は4つです。

①Suicaにチャージする
②ショッピングモールサイト「JRE MALL」で使う
③JREのポイントサイトで商品に交換する
④駅ビルでの買いものや飲食で利用する

ポイントの有効期限は「最後にポイント獲得・利用した日から2年後の月末まで」と、比較的長いので、使いたいタイミングで使えば良いでしょう。
Suicaにチャージしてそのまま使えるので、こまめにチャージするのもオススメです。

6.消費税増税時のポイント還元

2019年10月1日から始まる消費税増税時のポイント還元について、JR東日本の社長は「私どものSuicaにもポイントがあり、還元していくことになるだろう」と述べ、JR東日本としてポイント還元を検討する考えを示しています。

JRE POINTサービスを使ってポイント還元することになると思いますので、今から皆さんのSuicaを登録しておいて損はないでしょう。

7.最後に

Suicaは、ただ使うだけではポイントが貯まりません。
まずはJRE POINTサイトでSuicaやビューカードを登録しましょう。

NewDaysやKIOSKといった、駅ナカのお店が加盟店です。
加盟店でsuicaを使えばポイントが貯まりますが、セブンやローソンを利用するときは、工夫しないとポイントが貯まりません。

ビューカードを経由して定期券を購入したり、Suicaにチャージすることで、効率よくポイントが貯まります。

「Suica+ビューカード」のコラボレーションで、Suicaをお得に使いこなしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ