Suicaでオトクにポイント還元を受ける方法

★ お気に入りに追加
Suicaを有効活用してポイントゲット!Suicaをお得に使いこなそう

関東圏で利用が多いSuica。定期券や切符としてだけでなく、ポイントが貯められる電子マネーとしても使えて、大変オトクです。

また、10月1日からの、キャッシュレス・ポイント還元制度の対象にもなっていますので、期間限定ですが、対象店舗で利用すれば最大5%ポイント還元されます。

今回は「Suicaでお得にポイントをためる方法」を解説します

Suicaポイントの仕組みを理解して、Suicaを効率的に使いこなしましょう。

1.キャッシュレス・ポイント還元

Suicaは、2019年10月1日から始まる消費税増税時のキャッシュレス・ポイント還元制度の対象になっています。

ただし、どこでもポイント還元を受けられるわけではなく、「キャッシュレス・消費者還元事業」に加盟店登録をしている店舗でのみ還元が受けられます

具体的には、中小企業や個人事業主の店舗では5%還元(20円(税込)につき1ポイント)、コンビニなどのチェーン店(フランチャイズ店舗)では、2%還元(50円(税込)につき1ポイント)となります。

また還元時期ですが、利用月翌月の上旬にJREポイントで還元されます。

電車・バスの運賃は対象外

Suicaは、「交通系ICカード」とも呼ばれ、電車・バスに乗車するときに利用する人が最も多いですが、残念ながら、電車・バス等の運賃はポイント還元の対象外です。

そもそも、電車やバスを運営している企業はほぼ大企業で、今回のポイント還元制度の対象外です。

ポイント還元の方法は?

後述しますが、実は、Suicaをそのまま利用するだけでは、ポイント還元されません。

「JRE POINT」サイトに登録することによって、JRE POINTという形でポイント還元されるようになります。

公式サイトでの登録を行うことを忘れないようにしましょう。

■外部サイト
JREポイント公式サイト

2.Suicaの特徴

まず最初に「Suicaとは何か」「どんな特徴があるか」を説明します。

(1)交通系電子マネー

Suicaは、JR東日本が出している「プリペイド式」の交通系電子マネーです。

全国の交通機関が同様の電子マネーを出しており、主要な交通系電子マネー同士で相互に利用可能です。Suica一枚で全国の電車やバスに乗車可能ですので、非常に便利です。

●相互利用可能な主要電子マネー(10種)
Kitaca、Suica、TOICA、ICOCA、SUGOCA、PASMO、manaca、PiTaPa、はやかけん、nimoca

(2)多数の加盟店で使用可能

Suicaはコンビニやスーパーを始め多くの店舗で使用できます。また、Suicaが使える自動販売機も増えてきています。
相互利用可能となっている主要な交通系電子マネー加盟店でも使えますので、全国規模で多くのお店でSuicaが使用可能です。

(3)スマホ/携帯電話で使える

「Apple Pay」や「Google Pay」「おサイフケータイ(モバイルSuica)」の機能を利用して、スマホやガラケーでSuicaの機能を利用できます。

スマホがあればSuicaとして使えるようになるので、通勤ラッシュ時の改札なども非常にスムーズです。持ち歩くカードや定期券の枚数が減るので、お財布にも優しい機能です。

なお、アップルペイやグーグルペイは、頻繁にキャンペーンを開催しています。特に2019年9月~12月は消費税増税とあわせて、過去最大級の20%キャッシュバックキャンペーンをJCBが行っています。ぜひ活用しましょう。

詳しくは下記記事をご参照ください。

関連記事
Apple_Pay ロゴ
Apple Payの特徴や使い方、支払い方法
キャッシュレスの話題が尽きない昨今。様々なキャッシュレス決済方法やカードが話題に上がり、広告も絶えません。 どんなキ…

関連記事
GooglePay
Google Payの特徴や使い方、支払い方法
電子マネーやQRコード決済など、2019年はキャッシュレス決済の話題がつきません。 ただ、様々な決済方法があると、「…

3.Suicaのポイント(JRE POINT)

次にSuicaのポイントを説明します。
Suicaで貯まるポイントは「JRE POINT」というもので、これはSuicaを使えば無条件にポイントが貯まるわけではありません。

Suicaのポイントを貯めるには「JRE POINTサイト」に登録する必要があります。

ポイントサイトへの登録はこちら(登録サイトに移動する)

4.JRE POINTのポイント還元率と貯め方

次に、Suicaを利用したJRE POINTのポイント還元率と、ポイントの貯め方を説明します。

(1)ポイントの還元率

Suicaポイント|2種類のマーク

【画像引用元】登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店|JRE POINT

Suicaでの購入金額100円あるいは200円(税込)ごとに1ポイントたまります。2種類のマーク(加盟店標識)があり、どちらのマークかによって、貯まるポイントが変わります

たとえば「NewDays」や「KIOSK」では200円で1ポイント、「acure(自販機)」は100円で1ポイントです。

また、2019年(令和元年)10月1日より、鉄道での利用で(グリーン券の購入・定期券購入も含め)、JRE POINTが貯まるようになります。

モバイルSuicaの場合は50円ごとに1ポイント、カードタイプのSUICAの場合は200円ごとに1ポイントたまります。定期券購入は、モバイルSuicaの場合の利用のみ50円ごとに1ポイントにたまります。

さらに1回の利用金額が50円、200円満たないケースもありますが、その場合も1ポイント貯まる仕様となっております。

ただし、JR東日本の鉄道を利用した場合で他社線を乗車した場合はポイントはつきません。

(2)ポイントの貯め方

黄色いステッカー(加盟店標識)が目印

Suica登録して貯まるJRE_POINT|JRE_ポイントステッカー

【画像引用元】登録したSuicaのご利用でポイントが貯まるお店|JRE POINT

上記のステッカーが目印です。このステッカー(加盟店標識)があるお店でSuicaを使うと、ポイントが貯まります。

ここで、ちょっと思い出してみてください。

このステッカー、「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」などで見かけたことありますか?

ないですよね。

そう。
実は、加盟店標識があるコンビニは「NewDays」だけなのです。

セブン・ファミマ・ローソンをはじめとして、ほとんどのコンビニでSuicaが使えますが、買い物に使えるだけで、ポイントが貯まるわけではありません

セブンやファミマでSuicaを使うのは、ポイント的には非効率なので注意しましょう。

駅ナカに設置されているNewDaysやKIOSK(売店)にはステッカーがあり、かつ、ポイント倍増キャンペーンなども展開されています。

それ以外にも、色々なポイント獲得のキャンペーンが実施されています。気になる方は、下記URLを見てみましょう。

【参考】JRE POINTサイト

5.ビューカードの併用で更にポイント獲得

以上を踏まえると、「あれ?もしかしてSuicaってポイント貯めにくいのでは…?」と心配になる方もいるかもしれません。

そこで、ビューカードを併用して効率よくSuicaポイントを獲得する方法をご紹介します。

JRE POINTサービスでは、Suicaへのチャージや、定期券購入にビューカードを利用することでポイントが貯まります。この場合、1.5%のポイントがたまります。「Suica使用+定期券購入」で年間10万円使っている方は、年間1,500ポイント(1,500円分)還元されることになります。

定期券を購入する場合はビューカードを利用する、またSuicaへのチャージもビューカードを利用する。そうすれば、電車やバス乗車時の支払いでも、ポイントを貯められます。

6.貯めたポイントの使い方

Suicaで貯めたJREポイントの、主な使い道は4つです。

①Suicaにチャージする
②ショッピングモールサイト「JRE MALL」で使う
③JREのポイントサイトで商品に交換する
④駅ビルでの買いものや飲食で利用する

ポイントの有効期限は「最後にポイント獲得・利用した日から2年後の月末まで」と、比較的長いので、使いたいタイミングで使えば良いでしょう。
Suicaにチャージしてそのまま使えるので、こまめにチャージするのもオススメです。

7.最後に

Suicaは、ただ使うだけではポイントが貯まりません。
まずはJRE POINTサイトでSuicaやビューカードを登録しましょう。

NewDaysやKIOSKといった、駅ナカのお店だけではなく2019年10月1日からJR東日本の鉄道利用や定期券の購入などでもポイントが貯まるようになりました。

加盟店でsuicaを使えばポイントが貯まりますが、セブンやローソンを利用するときは、工夫しないとポイントが貯まりません。

ビューカードを経由して定期券を購入したり、Suicaにチャージすることで、効率よくポイントが貯まります。

「Suica+ビューカード」のコラボレーションで、Suicaをお得に使いこなしましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ