消費税10%増税で郵便料金も値上げ、はがき63円、手紙84円に

★ お気に入りに追加
郵便 郵送 ポスト

消費税が10%に上がると、いろいろな物の価格が上がりますが、郵便料金も上がる予定です。

はがきは62→63円に、手紙は82→84円に値上げされる予定となっています。

1.郵便料金の値上げ

現在の郵便料金には消費税8%が含まれていますので、10%に増税されると、それぞれ次のようにあがることが予想されます。

郵便料金の上限は総務省令によって定められていますので、改正することになります。

はがき・定型郵便物・定形外郵便物等

  現在の料金
()内は
消費税※1
改定後の料金
(予測値)※2
はがき通常はがき62円(4円)63円
往復はがき124円(9円)126円
定型郵便物25g以内82円(6円)84円
50g以内92円(6円)94円
定型外郵便物
規格内
50g以内120円(8円)122円
100g以内140円(10円)143円
150g以内205円(15円)209円
250g以内250円(18円)255円
500g以内380円(28円)387円
1kg以内570円(42円)581円
レターパックレターパックライト360円(26円)367円
レターパックプラス510円(37円)519円

※1 消費税は、現在の郵便料金に8/108をかけ、1円未満を切り捨てています。
※2 改定後の料金(予測値)は、現在の郵便料金から消費税を抜いた金額に1.1をかけ、四捨五入しています。

予測値は、あくまでも予想ですので、実際には、5円単位、10円単位など切りの良い数字で値上げされる可能性もあります。

その他

 現在の料金
()内は消費税
改定後の料金
(予測値)
クリックポスト185円(13円)188円

2.過去の増税と郵便料金の値上げ

過去の消費税の増税と、その他のタイミングで、郵便料金は徐々に上昇してきました。

時期値上げの内容はがき手紙
1981年4月1日40円60円
1989年4月1日消費税3%41円62円
1994年1月24日 50円80円
2014年4月1日消費税8%52円82円
2017年6月1日人手不足による人件費の上昇62円82円
2019年10月1日消費税10%63円84円

1989年からの約30年間で、はがきの価格は約1.5倍に上昇しています。

3.切手に消費税はかからないが、郵送料金にはかかる

郵便局やコンビニで切手を購入すると、領収書には「非課税計○○円」と記載されているはずです。
つまり、切手には消費税はかかりません。
(下記は、82円切手10枚を購入したとき)

領収書 切手

一方で、郵便局の窓口で封筒を差し出して郵送料金を払うと、領収書には「課税計○○円(内消費税等○円)」と記載されています。
つまり、郵送料金には消費税がかかります。
(下記は、封筒を1通郵送したとき)

領収書 郵送

これは、切手を購入したときも、郵送したときも消費税がかかると二重に消費税がかかることになってしまうため、切手の購入時には消費税はかからず、郵送したときにだけ消費税がかかるようになっています。

この仕組み自体は、消費税が10%に増税されても変わりません。

今後

消費税10%増税後、郵便料金が値上げされることは、ほぼ決定されていますが、具体的な料金は2019年夏ごろに発表される予定です。

最新の情報が発表され次第、また情報を追加していきます。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ