楽天Edyでオトクにポイント還元を受ける方法

★ お気に入りに追加
クレジットカード 楽天

楽天グループのサービスは多岐にわたり、楽天市場を始め、ラクマ、楽天トラベル、楽天モバイル等々を利用している方も大勢います。
楽天グループのキャッシュレスサービスの一つである「楽天Edy」についても、加盟店が非常に多く、ポイント還元率も比較的高いので使っている方も多いと思います。

今回は楽天Edyのオトクな使い方を紹介します。
楽天edyの特徴や、ポイントのため方・使い方は勿論、楽天グループのサービスと組み合わせて、楽天Edyを使いこなす方法を解説します。

1.楽天Edyと楽天スーパーポイント

1-1.楽天Edyの特徴

楽天Edyとは、楽天株式会社が提供するプリペイド(前払い)式電子マネーです。
主な特徴は以下の4点です。

  • お金をあらかじめチャージして使う(プリペイド式)
  • 楽天グループ共通の「楽天スーパーポイント」が貯まる
  • 楽天市場やコンビニエンスストア等、全国50万カ所以上の加盟店で利用可能
  • スマホ(Android/iPhone)でも使える

1-2.全国50万カ所以上!加盟店が圧倒的に多い

楽天Edyは、全国50万カ所以上の加盟店で使えます。
下記に加盟店一覧のリンクを載せていますので、まずはこちらを見て見ましょう。

【外部サイト】加盟店一覧はこちら|楽天Edyが使えるお店を探す

加盟店一覧を見ると分かりますが、主要コンビニ3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)をはじめ、多くの店舗で楽天Edyが使えます。
普段の買い物で意識的して使いやすく、ポイントが貯めやすいという特徴があります。

また、ポイントをチャージしてそのまま支払いに使えるため、「ポイントの使い道がない」と困ることも考えにくいです。

1-3.楽天スーパーポイントの概要

楽天スーパーポイントは、楽天グループ共通のポイントサービスです。

ポイントをためるには「楽天会員」に登録する必要があります

楽天Edyを使うと楽天スーパーポイントがたまります。楽天Edyでの支払い200円(税込)につき1ポイントです。

楽天スーパーポイント1ポイント1円分として、楽天Edyへのチャージを始め、楽天グループのさまざまなサービスで利用可能です。

2.楽天Edyの使い方

2-1.楽天Edyを準備する

楽天には現在、edyの機能がない「楽天カード(左側)」と、edyの機能がついている「Edy機能付き楽天カード(右側)」の2種類があります。
楽天カード,Edy機能付き楽天カード

【画像引用元】電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 楽天Edyをはじめる | Edy機能付き楽天カードの使い方

これから楽天カードを発行するならば、「Edy機能付き楽天カード」を登録するのがおススメです。
既に楽天カードを所持している方は、専用ページから「Edy機能付き楽天カード」に切り替える手続ができます。

スマホで利用する場合には、まずAndroid/iPhoneに楽天Edyのアプリをダウンロードします(無料)。iPhoneの場合、おサイフケータイの機能を使うための専用端末(※)が別に必要になります。iPhone単体では楽天Edyを使えません

※ 【参考】iPhoneの使い方|楽天Edy(外部サイト)

2-2.楽天スーパーポイントの設定

楽天スーパーポイントを貯めるためには、基本的に、「楽天スーパーポイントを貯めるための設定」が別に必要です。
具体的には、ポイントカードを使う場合は「ポイントカードサイトへの登録」、スマホで利用する場合には、アプリ内で「貯めるポイントの設定」が必要になります。

なお、Edy機能付き楽天カードの場合は、この「楽天スーパーポイントを貯めるための設定」は不要です。カード申し込み時に楽天会員IDと紐付けられ、前もってポイント設定がされているからです。手順を一つスキップできるので、その点でもEdy機能付き楽天カードは便利です。

2-3.お金をチャージする

チャージの方法としては、次の3つがあります。

  • クレジットカード
  • 現金
  • 楽天スーパーポイント

なお、1回のチャージ金額は上限25,000円、1枚のEdyカードには最大で50,000円までチャージできます。

2-4.楽天Edy加盟店で利用する

以上で楽天Edyを使うための準備が完了です。

店舗で使う際には、「楽天Edy」で支払う旨を伝えた上で、専用の端末にEdy機能付き楽天カードやスマホをタッチするだけです。
暗唱番号の入力やサイン、スマホアプリの操作などが要らないので、とてもスムーズに支払いが出来ます。

3.楽天Edyのお得な使い方・使いこなし方

楽天Edyは、加盟店が非常に多いので、普段の買い物でEdyを使うだけでポイントがザクザク貯まります
その意味では、比較的簡単に使いこなせるポイントカードです。

更に使いこなす上では、楽天グループが毎月展開している様々なキャンペーンに目を通しておくと効果的です。
「ポイント10倍」のキャンペーンや、新規加入で「5000ポイントプレゼント」といったものもあり、これらを有効活用できるとポイント効率が高まります。

下記にキャンペーンページを併記しておくので、これからEdyを使う方は、定期的に目を通すようにしておくと良いでしょう。
スマホで楽天Edyのアプリを使う場合には、アプリ内でキャンペーンを確認することも出来るので、ちょっとしたタイミングに目を通せて便利です。

【参考サイト】おトクなキャンペーン実施中|楽天Edy
【参考サイト】キャンペーン一覧|楽天カード

4.楽天カード・楽天Edy・楽天ペイの使い分け

以上、楽天Edyの使い方を解説してきました。
ただ、楽天が提供するキャッシュレス決済サービスは楽天Edyだけではありません。

4-1.楽天には3つのキャッシュレス決済サービスがある

楽天グループが提供するキャッシュレス決済サービスには、次の3種類あります。
① 楽天カード:クレジットカード
② 楽天Edy:プリペイド式電子マネー
③ 楽天ペイ:スマホバーコード/QRコード決済

楽天カードは、通常のクレジットカードとして支払うものです。
楽天Edyは、プリペイド式電子マネーであらかじめチャージした金額から支払います。

楽天ペイは皆さんのスマホにアプリをダウンロードして、アプリ内でクレジットカードを登録して使います。スマホの中にクレジットカードを持つイメージで、スマホひとつでクレジットカードからの支払いができます。

4-2.ポイント還元率

ポイント還元率は、
① 楽天カード:1%
② 楽天Edy:楽天Edy0.5%+楽天カードチャージ0.5%で、合計1%
③ 楽天ペイ:楽天ペイ0.5%+楽天カード支払い1.0%で、合計1.5%

となっており、ポイント還元は楽天ペイが「1.5%」で最も高いです。

4-3.オススメの使い分け方法

ポイント還元を考えると、「楽天ペイ」を第一優先、「楽天ペイ」が使えないときは「楽天Edy」、「楽天Edy」も使えない時には「楽天カード」といった使い分けが一般的です。

スマホで決済することに抵抗感がある方、あるいはクレジットカードからの支払いだと使いすぎてしまう懸念がある方は、プリペイド式電子マネーの楽天Edyでチャージした範囲で使う、という使い方もお勧めです。

関連記事
楽天ペイ
楽天ペイの特徴と使い方、チャージ・支払い方法
楽天市場をよく利用する人や、楽天カードを持っている人に絶対オススメなのが「楽天ペイ」です。 お買いものでためた楽天ス…

5.消費税増税時のポイント還元

2019年10月1日から始まる消費税増税時のポイント還元、楽天Edyはこのポイント還元への参加を表明しています。
楽天Edyを使うことにより、ポイント還元が受けられる見込みです。

6.最後に

楽天Edyは加盟店も多くポイント還元も比較的高いプリペイド式電子マネーで、通常の生活において総合的に便利な電子マネーと言えます。
楽天カードとの併用や楽天グループのキャンペーンを有効活用することにより、より効率的にポイントをためることができます。

また、楽天グループが提供しているキャッシュレスサービスとして楽天カード・楽天Edy・楽天ペイがあります。それぞれクレジットカード、電子マネー、コード決済と、主要なキャッシュレス決済方式を網羅しているので、自分にあった方法を選択的に取り入れることが出来ます。

近年のキャッシュレス化の動きを受けて、楽天グループはキャッシュレス決済サービスの普及に力を入れています。プロ野球の楽天イーグルスが、仙台市の球場(本拠地)で、現金を全く使わない「キャッシュレス決済」を4月2日からスタートさせた、というニュースを目にした方も多いと思います。観客席でおなじみのビール販売も含めて現金のやりとりはなく、使えるのは楽天Edy/楽天ペイ/クレジットカードのみだったようです。

こうした事例をきっかけとして、今後キャッシュレス化の割合は増えていくものと考えられています。

今回ご紹介した楽天Edyは総合的に便利な電子マネーですので、まだ電子マネーの経験がない方にとっても始めやすいサービスです。これからのキャッシュレス時代に向けて、試しに楽天Edyを使ってみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ