nanacoでオトクにポイント還元を受ける方法

★ お気に入りに追加
nanaco ナナコ

【画像引用元】nanacoカード|電子マネー nanaco 【公式サイト】

イトーヨーカドーやセブンイレブンで「nanaco」を使っている方も多いと思います。
nanacoはイトーヨーカドーやセブンイレブンはじめ多くのnanaco加盟店舗での買い物がスムーズでポイントも付く、便利でオトクなカードです。

今回は、nanacoのオトクな使い方を解説します
nanacoの特徴や、ポイントのため方・使い方は勿論、nanacoの利用をオススメしたい人/したくない人も紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.nanacoの特徴

nanacoは、㈱セブン&アイ・ホールディングスが日本国内で展開する非接触型決済方式のプリペイド(前払い)式電子マネーです。
主な特徴は以下の4点です。

  • お金をあらかじめチャージして使う(プリペイド式)
  • nanacoでの支払いで、nanacoポイントが貯まる
  • セブンイレブンをはじめ、全国のnanaco加盟店(41万店舗以上)で利用可能
  • スマホ(Android)でも使える

2.nanacoポイント

次にnanacoポイントについて説明します。
nanacoポイントは、電子マネーnanacoを利用することなどによりたまるポイントです。

nanacoでの支払い100円(税込)につき1ポイントたまります(還元率1%)。
たまったnanacoポイントは、1ポイント1円分として、nanacoへのチャージを始め、セブン&アイの通販サイトのオムニ7などで使うことができます。

3.nanacoの始め方

3-1.nanacoを用意する

① nanacoカード
nanacoカード(プラスチックカード)はセブン-イレブンやイトーヨーカドーなどのお店で申し込みができます。発行手数料300円(税込)で年会費無料です。

② セブンカード・プラス(nanaco一体型)
セブンカード・プラス(nanaco一体型)はnanacoの機能を搭載したクレジットカードです。年会費初年度無料、次年度以降500円(税込)ですが、前年度のクレジット合計額が5万円以上の場合は次年度の年会費も無料となります。

③ nanacoモバイル
nanacoモバイルは、「おサイフケータイ」の機能でスマホや携帯電話でnanacoが使える機能です。nanacoと皆さんのスマホや携帯電話がひとつになった便利な機能で、スマホや携帯電話の中にnanacoが入っているイメージです。発行手数料や年会費は無料です。
残念ながらiPhoneでは使えません。androidと一部の携帯電話のみ利用可能です(※)。

※システム的な問題でnanacoモバイルの機能は使えません。おサイフケータイでは「モバイルFelica(フェリカ)」のシステムを使っていますが、iPhoneではこれに対応していないためだと思われます。
【参考サイト】nanacoモバイル > 対応機種一覧|電子マネー nanaco

3-2.お金をチャージする

① 現金でチャージ
セブン-イレブンなどのお店のレジ、セブン銀行ATMまたはnanacoチャージ機を使い、現金でチャージすることができます。

② クレジットカードからチャージ
クレジットカードからチャージできます。

チャージ方法は、
・支払い後の残高が設定金額未満の場合に自動的にクレジットカードからチャージする「オートチャージ」
・必要なときに(都度)クレジットカードからチャージする「クレジットチャージ」
の2種類があります。

③ nanacoポイントを交換してチャージ
貯めたnanacoポイントを交換して、交換分をチャージすることもできます。

3-3.nanaco加盟店で利用する

以上でnanacoを使うための準備が完了です。

店舗で使う際には、「nanaco」で支払う旨を伝えた上で、専用の端末にnanacoカードやスマホをタッチするだけです。

暗唱番号の入力やサイン、スマホアプリの操作などが要らないので、とてもスムーズに支払いが出来ます。

4.nanacoのお得な使い方

次に、nanacoのお得な使い方、および関連したキャンペーンを紹介します。

4-1.nanacoモバイルで使う

2019年4月現在では、nanacoでの支払い100円(税込)につき1ポイントたまります(還元率1%)。
ところが、2019年7月以降は200円で1ポイント(還元率0.5%)に引き下げられます
もっとも、nanacoモバイルをレジで提示すれば従来通り100円1ポイント付与されます。
つまり、今後はnanacoモバイルが優遇されるということです。

そのため、これからnanacoを使う場合には、nanacoモバイルでの利用に切り替えておくことをオススメします。

4-2.セブンカード・プラスを使う

nanacoにチャージする際、クレジットカードで「セブンカード・プラス」を経由すると、200円ごとに1ポイントたまります(還元率0.5%)。
他のクレジットカードでは、チャージはできてもポイントがつきません。

nanacoを有効活用するならセブンカード・プラスを必ず利用したほうが良いでしょう。

4-3.税金・公共料金支払いでポイントが貯まる

自動車税などの税金や、ガス代などの公共料金、ネット通販のお支払い(収納代行)なども、セブンイレブンでnanacoを使って支払いができます(※)。

支払い分(還元率1%)にはポイントが付きませんが、セブンカード・プラス経由でチャージした分のポイント(還元率0.5%)を貯めることが出来ます。

こうした支払いでポイントを貯められる例は少ないので、公共料金の支払いなどをコンビニで行ってる人は、ぜひ活用しましょう。

※【参考サイト】 よくある質問 No : 446|電子マネー nanaco 【公式サイト】

4-4.イトーヨーカドーアプリでnanacoポイントが貯まる

「イトーヨーカドーアプリ」で「アプリポイント」が獲得できます。
イトーヨーカドー来店で5アプリポイント、チラシ閲覧で1アプリポイントがたまります。
たまったアプリポイントは、500アプリポイントで100nanacoポイントに交換ができます。

イトーヨーカドーアプリについては こちら(外部サイト) を参照してください。

4-5.各種キャンペーンを活用する

たとえばイトーヨーカドーでは、毎月8の付く日(8日、18日、28日)は「ハッピーデー」というキャンペーンを展開しています。
ハッピーデーに、nanacoを利用して買い物をすると「ポイント2倍」「ほとんど(※)全品5%OFF」で買い物が出来ます。

普段別のスーパーで買い物をしている方も、8のつく日はイトーヨーカドーでnanacoを活用するとオトクです。

その他、公式サイトでキャンペーン情報を展開しているので、これらを活用してみると良いでしょう。

nanacoのキャンペーン情報は こちら(外部サイト)

5.nanaco利用をオススメしたい人/オススメしない人

あくまで「ポイントを効率よく貯める上では」という観点からの提案ですが、nanacoの利用をオススメしたい人、あまりオススメしない人の例を紹介します。

5-1.nanaco利用をオススメしたい人

nanacoの利用をオススメしたい人は、セブンイレブンや、イトーヨカドーのヘビーユーザーの方です。
普通に現金払いをするよりもオトクなので、ぜひともnanacoを利用しましょう。

5-2.nanaco利用をオススメしない人

逆に、下記のような場合は無理してnanacoを使わず、別のキャッシュレスサービスを使っても良いでしょう。

  • iPhoneユーザー
  • 利用額が年5万円以下
  • セブン以外のコンビニも良く使う人
  • セブンカード・プラスを発行したくない人

iPhoneユーザーは、nanacoモバイルが使えないため、ポイント効率が下がります。

セブンカード・プラスを発行したくない人(クレジットカードを増やしたくない人)も、チャージによるポイントが貯められなくなるので、nanacoを使うメリットが薄くなります。

コンビニをよく使う人の中でも、セブンイレブン以外も頻繁に使う場合には、共通で使えるキャッシュレスサービス(applePayなど)を利用したほうが、効率よくポイントを貯められます。

また、仮にセブンカード・プラスを発行するにしても、カードの年間利用額が5万円を超えない場合、年会費(500円)が発生します(※)。

このような場合、他のキャッシュレスサービスを利用したほうがオトクにポイントを貯めやすいので、無理にnanacoを使わなくても良いでしょう。

※ 年会費は初年度が無料、前年度のクレジット利用額が5万円以上の場合は、次年度も無料という仕組みです。

6.消費税増税時のポイント還元について

2019年10月1日から始まる消費税増税時のポイント還元について、nanacoはこのポイント還元への参加を表明しています。
nanacoを使うことにより、消費税増税時のポイント還元が受けられる見込みです。

7.最後に

nanacoは加盟店も多く、ポイント還元も比較的高いプリペイド式電子マネーです。
クレジットカードとの併用やグループのキャンペーンを有効活用することにより、より効率的にnanacoポイントをためることができます。

消費税増税時のポイント還元について、nanacoはポイント還元に参加表明していますので、nanacoでポイント還元を享受できる見込みです。消費税増税時のポイント還元対応状況については、今後も継続して注視していく必要があります。

オトクにポイントを貯めたい場合、nanacoモバイルやセブンカード・プラスの利用が欠かせません。
逆に言えば、そうした付帯サービスの利用が難しい場合は、無理にnanacoを使わなくても良いでしょう。

もっとも、㈱セブン&アイ・ホールディングスとしては、消費税増税時のポイント還元への参加、スマホアプリを活用した顧客囲い込み、および2019年7月に始める予定のスマホQRコード決済「セブン・ペイ」サービスと、キャッシュレス対応に力を入れています。
競合他社も同じような対応を行っていますので、今後の動き次第では、状況が変わるかもしれません。関係各社の動向からは、目が離せません。

今後キャッシュレス化の割合はますます増えていくものと考えられています。
これからのキャッシュレス時代に向けて、日常的にセブンやイトーヨーカドーを利用している場合には、nanacoを活用してみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ