iDの使い方とポイントの貯め方|dカードがおススメ!

★ お気に入りに追加

画像引用元| かざしてお支払い iD

電子マネーiDをご存知ですか?街中のお店で「iD」のマークをよく見かけると思います。加盟店数も非常に多く、広く使われている電子マネーの一つです。
一方で「iDって気になってるけど、仕組みが良く分からない」「iDを導入する決め手がない」「iDと他の電子マネーとの違いが分からない」という方もいらっしゃいます。

そこで、今回は、iDとは何か、iDの特徴や使い方を説明すると共に、iDを使うメリットや注意点も解説します

iDについて理解を深めて日常的にiDを効率的に使いこなすとともに、10月1日から始まる消費税増税時のポイント還元に備えましょう。

1.iDの特徴

iDとは、三井住友カードとNTTドコモが提携して発行・運営している電子マネーです。
主な特徴は以下の5点です。

  • プリペイド(前払い)式、ポストペイ(後払い)式、およびデビット(支払い口座から即時引落し)式の3種類が選べる
  • 電子マネー加盟店数では最大規模(全国80万カ所以上)
  • おサイフケータイやApplePayにより、スマホでもiDが使える
  • 使用したクレジットカードのポイントが貯まる
  • 盗難や紛失時の保証がある

とくに、ポストペイ式の支払いができるので、事前チャージが煩わしく感じる方には使いやすい電子マネーです。
また、加盟店がかなり多いのも魅力で、現在では「どこでも使える電子マネー」と言ってもいいかもしれません。

2.iD使用でたまるポイント

iDで貯まるポイントについて説明します。

  • iD独自のポイントはない
  • iDと紐付けてあるクレジットカードのポイントが貯まる

たとえばidの支払方法で、dカードを選択すればdocomoの「dポイント」が、イオンカードを登録すれば、イオンの「ときめきポイント」が貯まります。

3.iDの準備

カード型のiDであれば、iDに対応したクレジットカード会社に申込をし、カードを用意するだけです。

スマホでiDを使う場合には、おサイフケータイやApplePayで設定が必要です。

プリペイドで使いたい場合でない限り、事前のチャージも必要ありません。

4.iDの便利でお得な使い方

iDの便利な使い方

iDは、「iD」のロゴがある店舗で「iDで支払います」と伝え、読み取り機にスマホやカードをかざすだけで支払いができます
複雑な操作も必要なく、スムーズに買い物が出来るので、急いでいる時や荷物が多い時などに非常に便利です。

クレジットカード払いであっても、原則として、1万円以下ならサインも不要です。

また、たとえばコンビニで言うと、ほとんどのコンビニでiDが使えます。店舗にあわせて支払い方法を悩むことも、比較的少ない決済方法です。

スマホで使えるようにすれば、持ち運ぶカードの枚数も減らせるため、財布の中身もスマートに出来ます。

iDのオトクな使い方

iDと一番相性がいいポイントは、docomoの「dポイント」です。
iDを運用・発行している会社なので、iD利用でオトクにdポイントを貯められるキャンペーンを、定期的に開催しています。

docomo dポイントスーパーチャンス キャンペーン

画像引用元| d POINT CLUB

そのため、dポイントが効率よく貯まる「dカード」を活用する方法が有効です。

dカードで支払いをすると、ローソンやマツキヨで、割引が受けられたり、特別なポイントが貯まったりと、さらにオトクになるのも嬉しい点です。

iDで積極的にポイントを貯めたい場合は、iDのためにdカードを用意することをオススメします。

5.他電子マネーとの比較

iD以外の電子マネーだと、Suicaやnanacoがあります。
これらと比較した場合のiDの特徴としては、下記3点が重要です。

  • 後払いで使える
  • 貯まるポイントが違う
  • 使える(契約の)カード会社が違う

カードを新たに増やしたくない、という場合でなければ、現在の貯めたいポイントが何か、どういう生活パターンをしているかを中心に考えると良いでしょう。

たとえば通勤通学や日々の生活で電車やバスを使っている方は、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーが便利です。
また、近所にイトーヨーカドーやイオンがあれば、nanacoやWAONを持っていれば、いろいろな特典がありお得かもしれません。

特にこだわりがなければ、加盟店が多いという理由だけでiDを選んでもいいでしょう。

他には、iDと似た機能を持つポストペイ式電子マネーとして「QUICPay」があります。

iDとQUICPayは使えるクレジットカードが違いますので、選ぶクレジットカードによりiDにするかQUICPayにするか決めてもよいでしょう。

iDとQUICPayの両方に使えるクレジットカード(OricoCardなど)もありますので、このクレジットカード一枚でiDとQUICPayの両方を使えるようにするのも手です。

6.消費税増税時のポイント還元

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象となるキャッシュレス決済手段には、iDでの支払に対応したクレジットカードが多数掲載されています。
ご自分のクレジットカードが対象かどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象となるキャッシュレス決済手段

iD単独としては、2019年9月13日現在、キャッシュレス・ポイント還元事業の対象となるキャッシュレス決済手段としては掲載されていません。

7.最後に

iDは加盟店も多く、ポストペイ(後払い)式で使い勝手が良い電子マネーです。
おサイフケータイやApplePayに登録すれば、スマホでも使えて便利です。

また、dカード始め、各種クレジットカードでいろいろなお得なキャンペーンを実施していますので、それらキャンペーンを利用すると、よりお得感がでます。
今後、消費税増税時のポイント還元もあり、キャッシュレス化はますます進みます。

まずは、ご自分の生活パターンに合った電子マネーを選んで、キャッシュレス生活を始めてみましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ