dカードのポイント還元率とメリット|ドコモ利用者は超オススメ!

★ お気に入りに追加
dカード・dカードGOLD

「dカード」という、NTTドコモのクレジットカードがあります。
ローソンで最大5%もお得に買い物できるなど、かなりメリットのあるカードです。

なお、2019年10月から始まる、キャッシュレス消費者ポイント還元事業に対応しているカードでもあります。

この記事では、dカードを活用するメリットや、効率よくポイントを貯める方法、使い方などを解説します。

特に、ドコモユーザーだけど、dカード/dカードGOLDを使ってない方は、ぜひご一読ください。

1.dカードとは

(1)dカードの種類

dカード・dカードGOLD

画像引用元|dカード

dカードとは、NTTドコモから発行されているクレジットカードです。長年ドコモの携帯電話ユーザーに親しまれていたクレジットカード「DCMX」を改良したものです。

dカードには、ユーザーの用途に合わせて2種類のカードが存在します。
dカード(銀色)」と「dカードGOLD(金色)」です。

『NTTドコモが発行しているカードだから、ドコモユーザーだけにメリットがあるのでは?』と思われるかもしれません。

しかし、dカードは携帯電話のキャリアに関係無くメリットがあるカードです。

一方でdカードGOLDは、ドコモユーザーに大きなメリットがあるカードです。

『ドコモユーザーはdカードGOLDに入会しないと勿体ない』、とさえ言えるでしょう。

(2)dカードのメリット

さっそく、dカードのメリットを説明をします。

2019年10月開始のキャッシュレスポイント還元の対象!

dカード・dカードゴールドは、2019年10月の消費税引き上げと合わせて開始した「キャッシュレス消費者還元事業」の対象カードです。

対象店舗で利用すると、通常のクレジットカードのポイント(dカードの場合は1%)と合わせて2%か5%が還元されることになります。

suicaやpasmoのような事前準備は不要で、カードをそのまま利用すれば還元されます。

また電子マネーidに登録して利用した支払い分も同様にポイント還元されます。

注意点としては、還元方法はポイントで還元されるわけではなく、毎月10日の請求額から減算されることになります。また決済日の請求額がポイント還元額を下回る場合は、決済日に還元分の金額が決済口座に振り込まれるという仕組みです。

年会費が実質無料

まず、dカードは年会費が実質無料です。

正確には「年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上の利用で無料」という条件付きの無料です。

仮に、年に1度もクレジットカードを使わなかった場合は、翌年に1,250円(税抜)の年会費が発生するので注意が必要です。

家族カードやETCカードもそれぞれに年間1回以上があれば無料となので、初めてカードをつくる人にもおすすめです。

ポイント還元率1%

dカードのポイント還元率は1%と、とても高いです。

一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%である中、年会費が実質無料で1%もポイントが貯まるカードは少ないです。

ポイント2重どりがオトク!特にローソン

また、dポイント特約店では、上記のクレジットカード利用ポイントとは別に、特約店ごとに設定されたdポイントも獲得できます。

そのため、ポイントを二重取りが可能です。

特に注目すべきは、コンビニエンスストア大手の「ローソン」です。
ローソンでdカード決済をすると、合計で5%相当の特典を受けることができます。
特典の内訳は以下です。

条件特典%
dカード提示dポイント還元1%
dカード決済dポイント還元1%
代金の割引3%

「dカード提示」1%+「dカード決済」1%+「dカード決済」3%割引という内訳です。

同様の特典はローソン以外にも存在します。

たとえば家電量販店の「ノジマ」でも、合計で5%相当の特典があります。他にもドラッグストア大手の「マツモトキヨシ」では3%のdポイント、カフェの「スターバックス」「ドトール」のカードチャージで4%のdポイント還元があります。

また、日常のネット通販をdショッピングというショッピングサイトでdカードを使い購入すれば、対象ストアでdポイントを 3%もらえます。

その他にも、衣料品の購入であればd fashion、旅行予約であればdトラベルで安く購入することができ、対象ストアのdカード利用で3%のdポイントを貯められます。

Dカードは入会の際に、キャッシュバックのキャンペーンを行っている場合が多いです。まだ未入会の方は、キャンペーン期間中を狙ってみるのが良いでしょう。

10分で登録完了! ]

iDへのキャッシュバックキャンペーン!ゼッタイお得なDカード

年会費初年度無料。 2年目以降もカードの利用で年会費無料。 いつでも1%ポイント還元。dカード特約店やdカードポイントアップモールでもポイントアップ!

エントリーフォームはコチラから

(3)dカードの注意点

dカードの注意点としては、dポイントの付与が「1支払い単位」という点があります。

月間の利用額合計に対してポイントを付与するクレジットカードが多い中、dカードは1回の支払い額に対してポイントを付与しています。

極端な例でいうと100円未満の支払いに何度dカードを使ってもポイントが貯まることはありません。

少額決済の場合は注意が必要です。

また、特にドコモユーザーに注意して欲しいことですが、dカード(銀色のほう)ではドコモの携帯電話料金でdポイントが貯まりません

キャリアのカードなのに…と言いたくなりますが、だからこそ、次のdカードGOLDの解説を読み進めて欲しいところです。

2.dカードGOLD

(1)dカードGOLDとは

dカードGOLDは、年会費10,000円(税抜)が必要となるドコモのゴールドカードです。

家族カードでも年会費1,000円(税抜)なので、一般のdカードのように年会費が無料になる条件はありません。

必ず年会費がかかります

この時点で、(年会費の高さに)引いてしまう方もいるでしょうが、実は大きなメリットがあります。

dカードGOLDの特典をしっかり理解し活用すれば、この年会費はすぐに元が取れます

(2)年会費の元を取るコツ

dカードGOLDの最大の特長として、「毎月のドコモケータイ/ドコモ光」の利用料金の10%をポイント還元する」というものがあります。

dカードGOLDを持っており、かつドコモの回線に紐付けをしておけば、対象となる回線の利用料金、ドコモ光の通信料の10%がポイント還元されます(1,000円につき100ポイント)。

家族の利用分までポイントをつけたければ、さらに家族カードを発行すれことで、その家族の分もポイント還元が受けられます。

具体例:スマホ代が月間9,000円の場合

たとえばスマホ代が月間9,000円の場合は月に900ポイント、年間で10,800ポイントが還元されます。

これだけでも、年会費分の元を取り返せます。

ただ、実際ドコモユーザーの場合、一人で契約するよりも「家族単位」での契約が多いです。「ドコモ光」などの光回線とセットで契約している人も少なくありません。

このように家族もドコモの回線を使っている人は、更にお得といえます。

ネットも合わせて月間22,000円の場合

仮に、光回線やスマホ代合わせて月に22,000円ほどかかっている場合、月に2,200ポイント、年間で26,400ポイントにもなります。

家族カードを1枚発行して、年会費が11,000円発生していても、年会費分差し引いても15,400円分オトクです。

(3)飛行機を使う人には特典が豊富

これだけで十分に年会費の元は取れるのですが、dカード GOLD会員になると、全国28箇所の空港ラウンジが無料で利用可能となる特典を受けられます。

家族会員も対象となりますので、ご家族での旅行も充実します。

ラウンジではソフトドリンクなどが置いてあったり、電源コンセントや新聞・雑誌などが用意され、出発前のひと時を優雅にしてくれる、ワンランク上のゴールドカード会員ならではのサービスです。

更に、国内旅行、海外旅行それぞれの旅行保険や、カードの紛失・盗難補償なども付帯しているので、出張などのビジネスの場面でもレジャーや規制といったプライベートの場面でも、飛行機を利用する場合には非常に便利です。

【dカードゴールド 公式ページ】
10分で登録完了! ]

iDへのキャッシュバックキャンペーン!ゼッタイお得なDカード

毎月のドコモのケータイおよび「ドコモ光のご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイントがたまる!。dカード特約店やdカードポイントアップモールでもポイントアップ!

エントリーフォームはコチラから

3.dポイントの仕組み

(1)dポイントとは

dポイントは、d POINT CLUBが発行・運用しているポイントです。

全国のお店やウェブサイトのdポイント加盟店で、利用金額に応じて貯めたり利用したりできます。

ためたdポイントは、1ポイント=1円で使えます。

有効期限は獲得した月から起算して48か月後の月末までです。

(2)dポイントとdポイント(期間・用途限定)

dポイントには通常のポイントの他に、「dポイント(期間・用途限定)」というものが存在します。

dポイント(期間・用途限定)は、その名の通り、利用期間や用途が限定されたポイントです。キャンペーンなどでポイントが付与される場合はこちらになることが多いです。

携帯料金の支払いなど一部利用できないサービスもありますが、dポイント加盟店では利用できますので、コンビニや家電量販店、カフェや百貨店など、日々のお買い物で消費すれば問題無いでしょう。

【参考】dポイントとは|d POINT CLUB(外部サイト)

4.おすすめのポイントのため方

(1)日常的にカード決済する

dポイントを上手く貯めるためには、日常の様々な決済をクレジットカード決済にすることです。

普段のお買い物だけでなく、公共料金や税金の支払いもdカードのクレジットカード決済にするだけで金額に応じてdポイントが貯まります。

もっとも、「日常的にカード決済する」と言われても、カード決済に慣れてない方にはちょっとハードルが高いです。
『コンビニやスーパーでカード払いはちょっと・・・』という方も、少なくないでしょう。

ここで押さえておきたいのが、便利な電子マネー「iD」の存在です

(2)「iD」を活用する

dカードは、「dカード」にも「dカードGOLD」にも、最初から電子マネー「iD」がついています。

iDを活用することで、少額決済でもdカードを活用しやすくなります。

クレジットカードだとサインを要求されることもあるので、現金を出すだけに比べると、決済に少し手間がかかります。

一方「iD」は端末にクレジットカードを「かざすだけ」で決済が完了し、日常のお買い物をスピーディーで便利にします。
コンビニやスーパーでもiDを導入しているところが多く、気軽に出せるもの魅力です。

dカード特約店など一部のお店では「クレジットカード決済」でしかボーナスポイントが付与されないこともあるので注意が必要ですが、dカード特約店・dポイント加盟店でないお店で普通に決済するのであれば、簡単で通常通り1%のポイント還元がある「iD」支払いがおすすめです。

関連記事
iDの使い方とポイントの貯め方|dカードがおススメ!
画像引用元| かざしてお支払い iD 電子マネーiDをご存知ですか?街中のお店で「iD」のマークをよく見かけると思い…

もしiPhone7以降の機種をお使いの方は、Apple Payに紐付けをして「iD」を利用することをおすすめします。

Apple PayならiPhoneさえ持っていれば決済できるので、プラスチックカードで「iD」を使う場合よりも、更に気軽に使えるようになります。

関連記事
Apple_Pay ロゴ
Apple Payの特徴や使い方、支払い方法
キャッシュレスの話題が尽きない昨今。様々なキャッシュレス決済方法やカードが話題に上がり、広告も絶えません。 どんなキ…

(3)dカード特約店・キャンペーンポイントを狙う

dカードは特約店を活用することで、更に効果的にポイントを貯められます。

あくまで一例ですが、ポイントが2倍になる主な特約店を記載します。

【カーライフ】ENEOS・オリックスレンタカー
【旅行】JAL・JTB
【ショッピング】高島屋・伊勢丹・三越・タワーレコード・紀伊国屋書店・洋服の青山

前述のローソン、マツモトキヨシ、スターバックス、ドトールでのメリットが非常に大きくて目を引きますが、それ以外にも大手百貨店や旅行など購入金額が大きくなりがちなお店でポイントがアップするのはとても大きいです。

またネット通販のdショッピング以外にもNTTドコモが運営する「ポイントUPモール」を経由してAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどでお買い物をする技があります。

こうすると、0.5%のポイント加算があるなど、本当に様々な方法でポイントを効果的にためる方法が用意されています。

dカード、dカードGOLDはそれぞれ継続的に新規入会キャンペーンを実施しています。新規で入会した方にはdカードで最大で6,000ポイント、dカードGOLDなら最大で11,000ポイントのプレゼントなどもありました。

詳しいキャンペーン条件は定期的に変更がありますが、ハードルは全く高いものではありませんので、新規で入会を検討している方必ず公式ホームページのキャンペーン情報を確認してください。

5.dカードアプリについて

dカードアプリとは、NTTドコモが提供するdカード会員向けのiPhone、Android用アプリです。

アプリストアから無料でダウンロードすることができて、dカードに関する情報をアプリで簡単に見ることができます。dカードアプリの主な機能は以下です。

  • 支払い金額の確認
  • dポイントの確認
  • キャンペーン情報
  • dポイントのバーコード表示

最後の「dポイントのバーコード表示」は、ポイントカードとしての機能です。

たとえばdポイント加盟店でクレジットカード決済をしない場合でも、アプリでバーコードを表示することで、ポイントカードとして使うことができます。dカード(プラスチックカード)を携帯していなくてもポイントの取りこぼしを防ぐことができるので、非常に便利です。

スマホユーザーであれば、dカードアプリも忘れずに設定しておきましょう。

6.dポイントが利用できる場所

(1)dポイント加盟店で使う

dポイント加盟店は、dカード特約店より種類が豊富です。

代表的なdポイント加盟店を紹介します。

【コンビニ】
ローソン、ローソンストア100
【ファーストフード】
マクドナルド
【ショッピング】
エディオン、ライフ、メガネスーパー、PLAZA、東急ハンズ、やまや、ノジマ、マツモトキヨシ、ジョーシン、タワーレコード、NEXCO中日本、アニメイト
【カフェ】
サンマルクカフェ
【レストラン】
いきなりステーキ、はーべすと、カプリチョーザ(対象店)、かっぱ寿司
【アミューズメント】
ビッグエコー、スパリゾートハワイアンズ、イオンシネマ
【海外】
Tギャラリア(グアム)、DFSハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)、Tギャラリア(ハワイ)

他にもネットショッピングでもdポイントを使うことができます。例えばAmazonやメルカリなど多くの方が日常的に利用しているサイトも加盟店になっています。

(2)ドコモのサービスで使うのも便利

dポイントでドコモの携帯電話の端末(本体)、アクセサリーなどを購入することもできます。

ドコモのケータイが故障した場合には、修理代金にポイントを使うこともできます。

また毎月のドコモの携帯電話利用料金にも利用できます。

まとめ

dカードはポイントをあらゆる方法で効率よく貯め、現金同様に様々な方法ポイントを使いたい人におすすめのクレジットカードです。

クレジットカードを利用するだけでも1%のdポイントがたまりますが、何よりローソンやマツモトキヨシでお買い物をする人にはとても大きなメリットがあります。

ドコモユーザーであれば、dカードGOLDに入会しドコモの回線を紐付けることで、利用料金の10%相当のポイント還元が受けられます。
もちろんdカードの特典も受けられるので、本当にお得なカードと言えるでしょう。

これまでdカード/dカードGOLDを活用していなかった方は、ぜひこの機会に、お得なdカード/dカードGOLDを取得し、活用してみましょう。

10分で登録完了! ]

iDへのキャッシュバックキャンペーン!ゼッタイお得なDカード

年会費初年度無料。 2年目以降もカードの利用で年会費無料。 いつでも1%ポイント還元。dカード特約店やdカードポイントアップモールでもポイントアップ!

エントリーフォームはコチラから

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ