Google Payの特徴や使い方、支払い方法

★ お気に入りに追加
GooglePay

電子マネーやQRコード決済など、2019年はキャッシュレス決済の話題がつきません。
コンビニや家電量販店だけでなく、飲食店や小さな個人商店でもキャッシュレス決済の導入が進んでおり、様々なお店で使えるようになりました。

ただ、様々な決済方法があると、「何を使えばいいか分からない」と悩む方も多いです。

そこで今回はAndroidユーザーにオススメの「Google Pay」を紹介します

Google Payなら、Suica、nanaco、楽天Pay、WAON、およびQUICPayといった電子マネーを、スマホに登録して使えます。スマホ1台で各種電子マネーを使い分けられるので、とても便利です。

この記事では、Google Payの始め⽅や⽀払い⽅法を解説します。キャッシュレス決済の種類が多すぎて、何を使うべきか悩んでいる方、使ってみたいけど色々不安のある方は、ぜひ参考にしてください。

1.Google Payの特徴やメリット

(1)Google Payとは

Google Payは、Googleがサービス提供している電子決済サービスです。
Android端末で電⼦マネー決済やクレジット決済が⾏えます。

従来、「Android Pay」と「Google Wallet」という2つのサービスがあったところ、2018年1月に統一され、「Google Pay」となりました。

主な特徴/メリットは、次の5点です。

(2)Google Payの5つのメリット

  • 複数の電子マネーやポイントカードを登録可能
  • プリペイド、ポストペイ、およびデビットで支払い可能
  • Suicaが登録でき、公共交通機関で使用可能
  • スマホを「かざすだけ」で簡単でスピーディに支払いが可能
  • 海外でも使用可能

①複数の電子マネーやポイントカードを登録可能

Google Payは、おサイフケータイの機能を提供しており、Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayといった主要な電子マネーを登録して、使い分けることができます。

また、T-POINTやdPOINTといったポイントカードも登録できます。

その結果として、それぞれの電子マネーカードやポイントカードを持ち歩く必要がなくなり、財布のカードや定期⼊れを減らすことができます。
支払い時に、財布から使いたいカードを探す手間もなくなりますし、紛失時のセキュリティ面でもメリットがあります。

②プリペイド、ポストペイ、およびデビットで支払い可能

プリペイド、ポストペイ、デビット支払いに対応しています。

使い過ぎが心配な方はプリペイドにする、チャージが面倒な方はポストペイにする、といった使い分けも可能です。

③Suicaが登録でき、公共交通機関で使用可能

Google Payには、Suicaも登録できます。
Suicaは日本全国の電車やバスに対応しているので、公共交通機関の利用に便利です。

④スマホを「かざすだけ」で簡単でスピーディに支払いが可能

電子マネーなので、お店でスマホを「かざすだけ」で簡単に支払いができます。
金額入力などのアプリ操作も不要なので、支払いがとてもスピーディです。

⑤海外でも使用可能

Google Payは海外でも使えます(※)。
海外などで、クレジットカードを手渡さずに決済できるのは、心理的にも安心でき、メリットがあります。

※ ただし、Google Pay の機能の中には、一部の国やデバイスでのみご利用可能なものがあります、また、使用クレジットカードにも制約があります。詳細は こちら をご覧ください。

2.Google Payに登録できるカード

登録できるカードは次の通りです。クレジットカード、デビットカードは「QUICPay」として搭載します。

(1)電子マネー

・Suica
・nanaco
・楽天Pay
・WAON
・QUICPay

(2)クレジットカード

・Kyash Visaカード
・JACCSが発行するすべてのVisa/Master/JCBカード
・JCBカード
・LINE Payカード
・ゆめカード(ゆめかクレジット)、エクセルメンバーズカード

(3)デビットカード

・JCB発行のデビットカード

3.Google Payの設定、準備

(1)Google Payのダウンロード

まず、スマホに「Google Payアプリ」をダウンロードします。
ダウンロードしたGoogle Payアプリを起動して、「(2)電子マネーの設定」以降の設定を実施します。

(2)電子マネーの設定

概ね、下記の5つのステップで設定が完了します。
Suica、nanaco、楽天Pay、WAONで、設定方法は基本的に同じです。

  1. Google Payアプリを起動する
  2. 画面下部の「支払い」をタップ
  3. 画面下部の「+お支払い方法」→「電子マネー」をタップ
  4. 追加する電子マネーを選択する
  5. 画面の指示に従い設定する

QUICPayに関しては、クレジットカードやデビットカードを登録する必要があるので、「(3)クレジット/デビット/プリペイドの設定」で設定します。

各電子マネーの提供元HPでも設定方法が紹介されていますので、ご参照ください。

Suica設定方法はこちら
nanaco設定方法はこちら
楽天Pay設定方法はこちら
WAON設定方法はこちら

(3)クレジット/デビット/プリペイドの設定

クレジットカードやデビットカードを設定して、QUICPayが使えるようになります。
手順は下記の通りです。

  1. Google Payアプリを起動する
  2. 画面下部の「支払い」をタップ
  3. 画面下部の「+お支払い方法」→「クレジット/デビット/プリペイド」をタップ
  4. カード登録画面が立ち上がるので、「カメラでカード読み取り」か「手入力」のどちらかを選択する
  5. 読み取りか手入力で、カード情報を入力設定する
  6. QUICPay使用確認の画面が出ますので、「続行」をタップ

これで基本的な設定は完了です。

カードは複数枚登録できますので、最後に、QUICPay支払い時に使う「メインカード」を設定します。
Google Payの「支払い」をタップするとQUICPayで使えるカードに「Q」のようなアイコンがついて表示されます。その中からメインカードに設定したいカードを選び「QUICPayのメインカード」をONにします。

なお、QUICPayとして登録ができるクレジットカードはKyash、JACCS、JCB、LinePay、ゆめカードで、デビットカードはJCBだけです。

QUICPayの情報は、ホームページ(こちら)に記載があります。ご参照ください。

(4)ポイントカードの設定

T-POINTやdPOINTといったポイントカードも登録して使うことができます。
ポイントカードを追加するためには、カードをスキャンするか、そのポイントアカウントでログインしてカード情報を取り込みます。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 画面下部の「パス」をタップ
  3. 表示された画面下部の「パス」をタップ
  4. 「ポイントプログラム」をタップ
  5. ポイントサービス一覧が出るので、設定したいものを選択
  6. 「カメラでカードをスキャン」まはた「ポイントアカウントにログイン」して設定する

(5)電子マネーにチャージ

チャージの方法としては、Google Payでチャージする方法と、お店でチャージする方法があります。
なお、nanacoは店舗/セブン銀行ATMでのみチャージ可能です。

Goole Payでチャージする手順

  1. チャージする電子マネーをタップ
  2. 「チャージ」をタップ
  3. チャージする金額を選定して「カードを選択」をタップ
  4. 支払い方法を追加、または選択
  5. 画面の指示に沿って設定、チャージする

以上でチャージ完了です。

店舗でチャージ

店舗に出向き、電子マネーのチャージを店員に依頼してチャージします。
その時に、チャージしたい電子マネーの種類を伝え、スマホをお店のカードリーダーにかざします。
以上でチャージ完了です。

4.⽀払い⽅法

ここからはGoogle Payでの⽀払い方法を解説していきます。

(1)Google Payで⽀払える店舗

Suica、nanaco、楽天Pay、WAON、およびQUICPayを登録すれば、それぞれの加盟店で使えます。
主要電子マネーが使えるので、非常に多くのお店で使用可能です。

使える店舗の一例を、以下で紹介します。

    コンビニ

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • サークルK
  • サンクス
  • ミニストップ
    家電量販店

  • ビックカメラ、コジマ、ソフマップ
  • ヨドバシカメラ
    スーパー

  • ピアゴ/APITA
    WEB・アプリ

  • Vanilla Air
  • BookLive
  • SPACEMARKET
  • JapanTaxi
  • Creema
  • 日本美食
  • えこよみ
  • minne

(2)支払い方法

Suica、nanaco、楽天Pay、WAON

プリペイド型の電子マネーです。使用前にお金をチャージしておきます。
店舗レジのカードリーダーにスマホを「かざす」だけで、簡単でスピーディに支払いは終了します。

QUICPay

プリペイド、ポストペイ、デビットの各種支払い方法が選択可能です。
プリペイドで使う場合は、Suicaなどと同じように、事前にお金をチャージしておきます。
事前に支払い方法を設定し、店舗レジのカードリーダーにスマホを「かざす」だけで、簡単でスピーディに支払いは終了します。

5.その他設定の変更⽅法

(1)支払い方法の削除

登録されているクレジットカードおよびデビットカード削除の方法です。

手順は次の通りです。

  1. Google Payアプリを起動
  2. 画面下部の「支払い」をタップ
  3. 削除するカードをタップ
  4. 画面右上のその他アイコン→「お支払い方法の削除」をタップして削除

(2)登録している電子マネーを削除する⽅法

  1. Google Payアプリを起動
  2. 削除する電子マネーをタップ
  3. 画面右上のその他アイコン→「お支払い方法の削除」をタップして削除

(3)スマホの機種を変更する方法

スマホが古くなったり故障したりして、機種変更が何年かごとに必要です。

登録している電子マネーによって操作が違いますが、基本的な手順は以下です。

①旧スマホから、残高などの電子マネー情報を一時的に保存する
②新スマホから、①で保存した電子マネー情報を取り込む

(4)スマホを紛失した場合

スマホをなくした場合は、スマホをロックしたりデータを消去したりする必要があります。
不幸にもスマホを紛失した場合は、次の手順で対応を実施しましょう。

①PCから「android.com/find」にアクセスして、端末をロックしてデータを消去します。
②使っている携帯通信会社のリモートロックサービスに連絡します。
③電子マネー各社に連絡し、スマホで使っていた電子マネーサービスを終了させます。

そもそも、スマホはGoogle Payに限らず、個人情報がいっぱい入っていますので、紛失に備えて必ずパスワードを設定しておきましょう。

電子マネーごとの対応は、 こちら をご覧ください。

6.最後に

Google PayはAndroidスマホに対応しており、Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、およびQUICPayをスマホに登録できます。また、T-POINTやdPOINTといったポイントカードも登録できるため、財布が軽くなります。

登録する電子マネーによっては、プリペイド、ポストペイ、およびデビット支払いが選択可能です。それぞれの加盟店も非常に多く、総合的に使い勝手が良い電子マネーです。

普段使いなれているAndroidスマホが使えますし、操作⽅法も直感的なので、キャッシュレ初⼼者にもオススメです。

Androidユーザーで、キャッシュレスを始めたいと思っている⽅は、試しにGoogle Pay導⼊を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ