Kyashの使い方と設定・支払い方法・組み合わせ例【画像付】

★ お気に入りに追加
Kyash キャッシュ

様々なキャッシュレスサービスがありますが、「Kyash(キャッシュ)」というサービスは還元率2%と、他のキャッシュレスと比べてもかなり高還元率なのが特徴です。
また、「kyash」ではポイントなどの2重取り・3重取りもできるので日々のお支払いが格段にお得になること間違いなしです。

この記事では「kyash」の使い方や支払い方法を、画像付きで詳しく解説します
ポイントなどを2重・3重取りするための決済方法/カードの組み合わせ例やKyashの使い方も紹介しているので、オトクにポイントを稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.Kyashの特徴やメリット

(1)kyashの特徴

Kyashは、株式会社Kyashが運営する個人間送金と決済ができるウォレットアプリです。
iPhone及びAndroidのスマホで利用できます。

2017年にサービスを開始した比較的若いサービスですが、8ヶ月で20万ダウンロードを達成し、現在も着々と利用者が増えています。
人気の秘密は、高還元率などの、4つのメリットです

(2)kyashのメリット

Kyashを利用するメリットは、以下の4つです。順に紹介します。

  • 還元率が高い
  • 審査不要のVISAリアルカードが持てる
  • ポイントなどの2重取り、3重取りができる
  • 手数料無料でお金の送金や請求ができる

還元率が高い

Kyash最大の特徴は還元率が高いということです。
利用金額の2%がキャッシュバックされます

例えば10,000円の買い物をする場合、現金で支払えばそのまま10,000円ですが、Kyashで支払えば200円分キャッシュバックされるので、実質9,800円の買い物になります。

支払い方法を変えるだけで200円もお得になるのは、大きな魅力です。

ポイントなどの2重取り・3重取りができる

Kyashでは、クレジットカードやQRコード決済アプリと紐づけることにより、さらにポイントを発生させることができます。
そのため、ポイントなどの2重取り・3重取りが可能です。

たとえば楽天カードを登録した場合

項目仕組み
Kyash支払いキャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1%
合計3%

といった感じです。
詳細な組み合わせ例は、後ほど解説します。

審査不要のVISAカードが持てる

Kyashでは、VISAのリアルカードを発行することができます。
リアル店舗でKyashでの決済ができるようになるため、普段の買い物も還元率2%に出来ちゃいます。

しかもこのVISAリアルカードは、「審査不要」で発行できます。
そのため、通常だとクレジットカードが作りにくい学生やフリーターの方でも発行できるという魅力もあります。

なぜ、審査が不要なのかというと、このカードはクレジットカードのように後払い(信用払い)ではなく、事前チャージで使う「プリペイドカード」だからです。

もっとも、事前にクレジットカードや銀行口座を登録しておけば、残高がなくなったときに自動でチャージする設定(オートチャージ)もできますので、クレジットカードと同じように使うことも出来ます。

手数料無料でお金の送金や請求ができる

Kyashでは、お金の送金や請求もできます。手数料は無料です。

日々の支払いだけでなく、個人間でのお金のやりとりもアプリだけで完結できるので、割り勘や立て替え払いでも活躍します。

2.おすすめのカード組み合わせ例|2重取り・3重取りの例も紹介

Kyashを利用するメリットとして還元率が高く、さらにポイントなどの2重取り・3重取りができるいうことをお伝えしました。

【ちょっと補足】ポイントの2重取りではなくない?
少し注意点というか補足ですが、Kyashの場合、2%の「キャッシュバック」なので、ポイント付与ではありません。
そのため、正確に言うと「ポイント2重取り」とは言えません。しかし、「複数のシステムを重ね合わせて、ダブル/トリプルで恩恵を受ける」といった意味合いで「2重取り/3重取り」という表現が多用されています。
キャッシュレス関連の記事で多用されている表現なので、本記事でも「ポイントなどの2重取り」と表現しますが、「ポイントの2重取り」と考えると混乱するので、注意してください。

まずは、大まかなパターンから紹介します

2重取りパターン

Kyash支払いによるキャッシュバックと、支払い元として登録したクレジットカードのポイントとで、恩恵を2重取りするパターンです。

項目仕組み
Kyash支払いキャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1%
合計3%

3重取りパターン

QRコード決済などの支払いアプリの支払い元をKyashとするとことで、恩恵を3重取りするパターンです。

項目仕組み
アプリ支払いポイント還元0.5%
Kyashからアプリへの決済キャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1%
合計3.5%

といった感じです。

ここからは、実際のクレジットカードやQRコード決済を例に出して、おすすめの組み合わせを紹介していきたいと思います。

(1)2重取りの組み合わせ例

「3重取りはややこしい」「QRコード決済は難しそう」という人は、まずは2重取りから試してみましょう。

Kyash+リクルートカード

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードにも関わらず1.2%も還元されるとても優秀なカードです。

以下のように組み合わせます。

項目仕組み
Kyash支払いキャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1.2%
合計3.2%

Kyash+楽天カード

楽天カードも、年会費無料で1.0%還元される優秀なカードです。

以下のように組み合わせます。

項目仕組み
Kyash支払いキャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1%
合計3%
関連記事
クレジットカード 楽天
楽天カードのポイント還元率は楽天市場で最大15%
経済産業省が2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、キャッシュレスの促進として一定期間、中小規模事業者でのキャ…

Kyash+dカード

dカードも、年会費無料で1.0%還元される優秀なカードです。
ドコモユーザーであれば、dカードGOLDのほうを使っている方も多いかと思います。

以下のように組み合わせます。

項目仕組み
Kyash支払いキャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1%
合計3%
関連記事
dカード・dカードGOLD
dカードのポイント還元率とメリット|ドコモ利用者は超オススメ!
「dカード」という、NTTドコモのクレジットカードがあります。 ローソンで最大5%もお得に買い物できるなど、かなりメ…

(2)3重取りにおすすめの組み合わせ例

「多少ややこしくても日々の支払いをお得にしたい」と考えている方は、QRコード決済を組み合わせた3重取りに挑戦してみましょう。

Kyash+リクルートカード+Origami Pay

QRコード決済サービスであるOrigami Payは、加盟店でOrigami Pay決済をした場合に「2%OFF(Origami割引)」という仕組みを取っています。
これを利用した組み合わせです。

項目仕組み
Origami Pay支払いOrigami割引2%
Kyashからアプリへの決済キャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1.2%
合計5.2%

割引+キャッシュバック+ポイントで、合計5%相当の恩恵となります。

関連記事
Origami Pay オリガミペイ
Origami Payの特徴と使い方、チャージ・支払い方法
現在は様々なQRコード決済がありますが、Origami Payはブームが来る前からサービスを提供していました。 そん…

Kyash+楽天カード+楽天Pay

楽天カードはお支払いに対して1%の楽天スーパーポイントが貯まり、楽天Payで支払えば0.5%分の楽天スーパーポイントが貯まります。
これをKyashと組み合わせると

項目仕組み
楽天ペイ支払いポイント付与0.5%
Kyashからアプリへの決済キャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1%
合計3.5%

合計の数値だけ見ると、先ほどのOrigami payの組み合わせに見劣りしますが、楽天スーパーポイント自体が貯めやすく、使いやすいポイントで人気があります。

ポイントをしっかり使い切るという意味では、普段意識してるポイントサービスかどうかは大きな要素なので、「楽天ポイントを貯めやすい仕組み」という意味でオススメです。

関連記事
楽天ペイ
楽天ペイの特徴と使い方、チャージ・支払い方法
楽天市場をよく利用する人や、楽天カードを持っている人に絶対オススメなのが「楽天ペイ」です。 お買いものでためた楽天ス…

(3)まさかの4重取りも可能!?

Kyashでは、さらに発展して、なんと「4重取り」も可能となっています。

方法としては先ほど紹介した3重取りの支払いの組み合わせに加え、「ポイントカード」を提示するというものです。
例えば「ポンタカード」などは、支払い方法が何かに関係なく、支払い時にポイントカードを提示するだけでポイントが貯まるシステムになっています(対象外とされる決済もありますが)。
これを利用した組み合わせです。

たとえば、Origami Pay + Kyash + リクルートカード +ポンタカードで、ローソンで支払いをする場合

項目仕組み
Origami Pay支払いOrigami割引2%
Kyashからアプリへの決済キャッシュバック2%
残高チャージ
(クレジットカード)
ポイント還元1.2%
ポイントカード提示ポイント還元1%
合計6.2%

となります。

かなりお得ですね。
ただ正直言ってややこしいですし、どこでも使えるわけでもないですし、ポイントサービスも複数にまたがるので、管理が複雑になりがちです。

全ての方にはお勧めできませんが、気になる方はぜひマスターしてみてください。

3.Kyashの使い方、チャージ・支払い方法

(1)初期設定

アプリ初期設定

▼App StoreもしくはGoogle Playから「Kyash」アプリをダウンロードします
ホーム画面から「Kyash」をタップして起動します
「メールアドレスで始める」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順

▼会員情報を入力し「次へ」をタップします
本名の確認で間違いなければ「はい」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順

▼生まれた年を選択して「次へ」をタップします
携帯電話番号を入力し「登録」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順

▼SMSで届いた認証番号を入力します
バーチャルカードをタップします(リアルカードの発行方法も、後ほど解説します)
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順07Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順08

▼「バーチャルカード発行」をタップします
「OK」をタップしてバーチャルカード発行完了です
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順09Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順10

▼登録したメールアドレスに認証メールが届いていますので「認証する」をタップします
「Kyashアプリを開く」をタップして認証完了です
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順11Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順12

リアルカード発行申請方法

▼右上の「カードにプラスマーク」をタップします
「リアルカード」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順13Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順14

▼「リアルカード申込み」をタップします
リアルカード申込みフォームで住所を入力して「送信」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順15Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順16

これでリアルカードの発行申請が完了です
約2週間程度でカードが到着します

リアルカードが届いたら(有効化方法)

リアルカードが届いたら「Kyashアプリとの紐付け」を行わなければなりません。(これを有効化=アクティベートと言います)

▼右上の「カードにプラスマーク」をタップします
「リアルカード」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順13Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順14

▼「リアルカード有効化」をタップします
カメラが起動するのでカードを読み取ります
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順67Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順68

▼読み取れなかった情報を入力し「次へ」をタップします
注意事項を読み「完了」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順17
画像なし

▼「OK」をタップすれば有効化完了です
画像なし

クレジットカード(チャージ用)登録方法

▼Kyashホーム画面の「カード」をタップします
「クレジットカード/デビットカードを登録」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順18Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順19

▼カード情報を入力し「登録」をタップします
カード名義人に間違いなければ「登録」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順20Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順21

(2)チャージ方法

Kyashにチャージする方法は

・クレジットカード(手動チャージ)
・クレジットカード(自動チャージ)
・セブン銀行ATM
・コンビニ
・銀行ATM(ペイジー)

の5つです。

クレジットカード(手動チャージ)のやり方

▼Kyashホーム画面の「カード」をタップします
チャージしたい金額を選択します
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順18Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順22

「チャージ」をタップするとチャージが完了します。

クレジットカード(自動チャージ)

▼Kyashホーム画面の「自動チャージ」をタップします
使用するクレジットカードをタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順23Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順24

これで自動チャージの設定は完了です。

セブン銀行ATM

▼Kyashホーム画面の「セブン銀行ATM」をタップします
セブン銀行ATM画面で「スマートフォンでの取引」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順25Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順26

▼Kyashアプリ画面の「QRコードスキャン」をタップします
セブン銀行ATMに表示されたQRコードを読み取ります
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順27Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順28

▼アプリ画面に表示される企業番号をATMに入力します
チャージしたい金額分をATMに入金します
画像なし
画像なし

入金が完了するとアプリにも反映されてチャージが完了です。

コンビニ

▼Kyashホーム画面から「コンビニ」をタップします
チャージしたい金額を入力します
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順29Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順30

▼「チャージ申請」をタップします
「支払方法」をタップすればコンビニごとのやり方が画像付きで解説されていますので、それを見ながら操作していきます
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順31Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順32

銀行ATM

▼Kyashホーム画面から「銀行ATM」をタップします
チャージしたい金額を入力します
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順33Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順34

▼「チャージ申請」をタップします
「支払方法」をタップすれば銀行ATMの操作方法が画像付きで解説されています
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順35Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順36

(3)支払い方法・利用できる場所

バーチャルカードの場合

バーチャルカードはネットショッピングなどオンラインで決済したい場合に利用します。

支払い方法

▼ネットショッピングにて決済画面まで進みます(例は楽天)
クレジットカード決済をタップします
Kyashホーム画面のカード情報をそのまま入力します
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順37Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順38

名義人の欄は自分の氏名ではなく「KYASH MEMBER」と入力しなければならないので注意が必要です。
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順39

これ以降は通常のネットショッピングと同様にお買い物を続けます。

利用できる場面

世界中のVISA加盟オンラインショップで利用することができます。

利用できない場面
公共料金,電話料金,衛星放送・CATV視聴料,インターネットプロバイダー利用料,WiMAXサービス利用料

など、継続的な支払い契約の決済はできません。

また、

各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い(nanacoクレジットチャージ・楽天Edy・Vプリカ ),3Dセキュア導入のサイトでのお支払い,航空会社のお支払い,一部宿泊施設(ホテルなど)のお支払い

の場合も利用できません。

リアルカードの場合

リアルカードは実際の店舗でKyashとして支払う時に使用します。

支払い方法

レジの方に「VISAで」とカードを渡して支払います(クレジットカードの使い方と似ています)。
Kyashのリアルカードで支払う場合は、暗証番号ではなくサインでの支払いとなります。

利用できる場所

カードのブランドがVISAですので、店頭にVISAの記載があるお店で利用できます。

Google Payでの支払い方法

KyashはAndroid端末のスマートフォンで利用することができるGoogle Payに登録し、支払うことができます。

登録方法

Google Payでクレジットカードやデビットカードを登録する時と同じやり方で登録します。
Google Payでは登録時に200円の確認決済が行われるため、200円以上残高を有したまま登録する必要があります。
※200円の決済は確認が取れたら自動的にキャンセルされます

支払い方法

レジにて「QUICPayで」と伝えて、決済リーダーが光ったらかざします。
音がなって決済リーダーが緑色になったらお支払い完了です。

利用できる場所

QUICPayとQUICPay+
日本全国の「QUICPay+」の使えるお店で利用できます。
通常の「QUICPay」とはマークが違うので注意が必要です(右側がQUICPay+)。

支払い履歴の確認方法

▼Kyashホーム画面から「履歴」をタップします
この画面で履歴を確認することができます
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順40Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順41

(4)送金・請求方法

送金方法

Kyashで送金する方法は

・直接送金
・リンクで送金

の2つです。

直接送金

送金したい個人にアプリを使って直接送金することができます。

▼Kyashホーム画面から「送金・請求」をタップします
「ID・ユーザー名」欄に送金したい人から教えてもらったIDやユーザー名を入力します
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順42Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順43

▼送金したい人を選択し「送金」をタップします
送金したい額を入力して「確認画面へ」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順44Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順45

▼「スライドで送金」の矢印を上にスライドさせると送金が完了します
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順46

リンクで送金

▼Kyashホーム画面から「送金・請求」をタップします
「リンクを作成」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順42Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順47

▼「送金リンクを作成する」をタップします
送金したい金額を入力して「確認画面へ」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順48Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順49

▼「スライドでリンクを作成」の矢印を上にスライドすればリンクが作成されます
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順50

作成されたリンクをLINEやメールで送信したい人に送り、リンクを開けば送金画面に移ります。

請求方法

Kyashで請求する方法も

・直接請求
・リンクで請求

の2つです。

直接請求

▼Kyashホーム画面から「送金・請求」をタップします
「ID・ユーザー名」欄に送金したい人から教えてもらったIDやユーザー名を入力します
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順42Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順43

▼請求したい人を選択し「請求」をタップします
請求したい金額を入力して「確認画面へ」をタップします(+マークをタップして請求したい人を増やすこともできます)
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順51Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順52

▼「請求」をタップすれば請求の完了です
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順53

リンクで請求

▼Kyashホーム画面から「送金・請求」をタップします
「リンクを作成」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順42Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順47

▼「請求リンクを作成する」をタップします
請求したい金額を入力して「確認画面へ」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順54Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順55

▼「リンクを作成」をタップすればリンクが作成されます
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順56

作成されたリンクをLINEやメールで送信したい人に送り、リンクを開けば請求画面に移ります。

(5)登録カードの削除・Kyash解約方法

自動チャージに登録しているカードを削除する方法

▼Kyashホーム画面の「自動チャージ」をタップします
「設定を解除」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順57Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順58

▼「解除」をタップすれば完了です
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順59

手動チャージに登録しているカードを削除する方法

▼Kyashホーム画面の「カード」をタップします
削除したいカードを長押しします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順18Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順60

▼「削除」をタップすれば完了です
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順61

Kyash解約方法

▼Kyashホーム画面の「アカウント」をタップします
「お問い合わせ」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順62Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順63

▼お問い合わせ種別の「選択してください」をタップします
「退会のご希望・申請」を選択し「Done」をタップします
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順64Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順65

▼退会理由を入力し「送信」をタップすれば完了です
Kyash(キャッシュ)の設定方法・手順66

後日Kyash運営から連絡が届きます。

4.注意点

Kyashを利用する注意点として

・利用限度額(金額上限)がある
・還元の対象外となる決済がある
・現金化できない
・Apple Payには未対応

ということが挙げられます。

(1)利用限度額がある

最も重要な注意点は、利用限度額(金額上限)があることです。便利で還元率も高いからどんどん使いたくなりますが、送金や利用額に限度額の設定があります。

一月どのくらいまで使えるのか等、ある程度把握しておきましょう。

送金

1回あたりの送金限度額は5万円以下
1ヶ月間での送金上限は10万円まで

バーチャルカードのみの方

24時間あたりの利用限度額は3万円以下
1回あたりの利用限度額は3万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

リアルカード有効化済みの方

24時間あたりの利用限度額は5万円以下
1回あたりの利用限度額は5万円以下
1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

(2)還元の対象外となる決済がある

Kyashは高還元ですが、還元の対象とならない取引があります。
とくに、電子マネーにチャージしてもキャッシュバックされないのは注意が必要です。

WAON/nanaco/楽天Edyなどのチャージ,交通系電子マネーのへのチャージ,寄付のお支払い,公共料金のお支払い,各種税金,ふるさと納税のお支払い,年金のお支払い,Yahoo!公金支払い,金券/商品券や有価証券等の現金同等物の購入

どの取引がキャッシュバック対象外になるかは、公式サイトに記載があります。
リンク先を記載するので、そちらも合わせて確認してみてください。

【参考】キャッシュバックについて|Kyash FAQ

(3)現金化できない

Kyashは一度クレジットカードやセブン銀行などで入金すると、現金として戻すことができません。
使わずじまいで無駄にならないように、チャージの金額やタイミングは注意して管理しましょう。

(4)Apple Payには未対応

Kyashは、Google Payには対応していますが、Apple Payには現状対応していません。
一応、モバイルSuicaの支払い元をKyashにしてチャージすることで、間接的に使うことは出来ますが、この場合、Kyashのメリットである「2%キャッシュバック」が発生しません(対象外決済を参照)。
iPhoneユーザー的には残念な部分です。

今後対応する可能性が否定されてはいないので、公式情報をチェックしておきましょう。

まとめ

Kyashは、他のキャッシュレスサービスと比べるとまだまだ知名度はありません。

しかし、他と引けを取らない還元率と、組み合わせで5%以上の還元率を実現することもできるなど、かなりポテンシャルの高いキャッシュレスサービスとなっています。

ぜひこの機会に導入して、日々の支払いをお得にしてみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ