ローカル電子マネー/QRコードの一部もポイント還元の対象!

★ お気に入りに追加
ローカル 電子マネー

経済産業省主導により、2019年10月1日から「キャッシュレス消費者還元事業」が行われます。
QRコード決済や電子マネーなどのキャッシュレス手段を使うことによって、最大5%のポイント還元が受けられます。

さすが政府主導ということもあり、キャッシュレス事業者、加盟店の数もかなりの規模になってきており、キャッシュレス推進の転換点になる可能性があります。

そんな中、ローカル電子マネー/QRコードにも注目です。地方在住の方向けのサービスで知名度は高くありませんが、キャッシュレス消費者還元事業の対象に含まれているサービスが数多くあります。

今回はポイント還元の対象となるローカル電子マネー/QRコードを紹介していきます。

1.キャッシュレス消費者還元事業とは?

まずは、これから始まる「キャッシュレス消費者還元事業」について簡単に説明していきます。

(1)2019年10月1日から9か月間、最大5%還元

キャッシュレス消費者還元事業は、2019年10月1日に予定されている消費税引き上げに伴う需要平準化対策として行われる施策です。期間は、増税後9か月間で、2020年6月30日までです。

消費者は、キャッシュレス手段による決済を使うことによって、最大5%のポイント還元が受けられます。増税した分をポイントで還元させることによって消費の落ち込みを抑えながらキャッシュレス決済をより多く使ってもらうことが狙いとなっています。

対象となるキャッシュレスには

  • 電子マネー/プリペイドカード
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • スマホ決済(QRコード)

が含まれます。

(2)地方のローカル決済事業者も数多く含まれる

このキャッシュレス消費者還元事業は、政府主導ということでかなりの規模で行われる予定となっています。

すでに登録をしている決済事業者は449社(2019年8月2日時点)にのぼり、さまざまなキャッシュレス決済事業者が対象となっています。

その中には、地方のお店だけで利用できるようなローカル電子マネー/QRコードも含まれます。

この事業に加盟している中小・小規模事業者も約24万件(2019年7月30日時点)となっていますので、地方在住でローカルなキャッシュレスを利用している人にもメリットがあります。

2.ポイント還元対象のローカル電子マネー/QRコード

これから行われる事業でポイント還元の対象となるローカル電子マネー/QRコードを紹介しています。

(1)ほろかマネーサービス

ほろか

【画像引用元】下記表内のURL

ほろか

タイプ電子マネー(ICカード)、スマホ決済
地域広島県庄原市東城町(備後東城)
URLhttps://connectojo.net

ほろかマネーサービスは、広島県庄原市東城町で利用できる電子マネー機能付きICカード「ほ・ろ・か」のサービス提供を行なっています。入会費/年会費無料でチャージタイプの電子マネーとなっており、地元住民と観光者をターゲットにしています。

地域のお店で利用可能で、イベントやボランティアに参加することによってポイントを貯めることもできます。地域住民向けのサービスとして、児童や高齢者の見守り機能のサービスにも対応しています。

また、専用アプリもリリースしており、加盟店の情報やアプリを使った決済にも対応。地域単位のハウスマネーといったイメージです。

(2)セム電子マネー(CEM)

セム

【画像引用元】セム電子マネーヘルプ

タイプ電子マネー
地域京都府福知山市
URLhttp://cem.npojpnet.com

「セム電子マネー」は京都府福知山市にある決済事業者で、電子マネーサービスを運営しています。NPOカードに「eマネー」をチャージして利用します。加盟店は福知山市が中心となっており、オンラインショッピングにも対応しています。

利用によって「eポイント」を貯めることができ、電子マネーへの交換などに利用できます。

(3)ためトク⭐︎プリペイド

ためとくプリペイド

【画像引用元】下記表内のURL

タイププリペイドカード
地域全国
URL
(引用元)
https://www.jaccs.co.jp/business/card/prepaid/tametoku/

全国版ですが、知名度は高くありませんので、ここで紹介します。

「ためトク⭐︎プリペイド」は、クレジットカードでお馴染みの「JACCS」が提供している「積立式」のプリペイドカードです。口座振替によるチャージに対応しており、毎月一定額をカードにチャージすることによって目標額まで残高を積み立て、高額な商品の購入に充てるという目的で使われています。なので、電子マネーというよりは、分割払いの前払いをしているようなイメージの方が近いでしょう。

また、毎月のチャージ額に応じたボーナスバリューという特典が付与されます。
例えば、毎月5,000円を12ヶ月チャージしている場合、支出合計60,000円のうち10%の6,000円がボーナスとして付与されます。

単純に還元率が10%というのは他のキャッシュレス決済の中でも特筆すべきでしょう。

(4)スマイルマネー

スマイルマネー

【画像引用元】下記表内のURL

タイプ電子マネー
地域広島県、岡山県、山口県
URLhttps://www.fresta.co.jp/more/fresta/smilemoney/

「スマイルマネー」は広島県を中心にスーパーマーケットを展開しているの「フレスタ」が提供している電子マネーです。フレスタ、フレスタグループ各店、スマイルマネー加盟店でのみ使える、いわば店舗単位のハウスマネーのような形です。

利用頻度の高いスーパーということもあり、利用範囲が狭くても利便性が高く、チャージ額に応じたポイント加算や5のつく日のポイント2倍など独自サービスに特徴があります。

(5)シモキタコイン

シモキタコイン

タイプスマホ決済(QRコード)
地域東京都世田谷区下北沢
URLhttps://shimokitacoin.co.jp

「シモキタコイン」は、東京都世田谷区の下北沢限定で使えるQRコード決済サービスです。「ほ・ろ・か」のように地域限定のハウスマネーであり、下北沢の飲食店を中心に使えるお店があります。

アプリをインストールして、加盟店で現金チャージを行います。チャージした現金は1円=1コインとして利用できます。また、コインをユーザー間で送る/受け取るといった機能にも対応しています。

(6)Paidy

paidy

【画像引用元】下記表内のURL

タイプオンライン決済
地域(全国)
URLhttps://paidy.com

全国版ですが、知名度は高くありませんので、ここで紹介します。

Paidyはオンライン決済専門のサービスです。使い方に特徴があり、チャージなどは不要で、ネットでの買い物で利用した金額を翌月にまとめて支払うという形になっています。

クレジットカードのような使い方ができるサービスですが、クレジットカードの登録などは必要ありません。動画配信サイトやファッション、トラベル、ホビー、食品など、さまざまなジャンルのオンラインサイトで利用できます。

また、ショップごとに豪華な還元キャンペーンなどを積極的に実施しています。

(7)DigiCash

digicash

タイプスマホ決済(QRコード)
地域(全国)
URLhttps://digicash.jp

全国版ですが、知名度は高くありませんので、ここで紹介します。

「DigiCash」はフィンテックベンチャー企業のSTAGE株式会社によってリリースされたQRコード決済型のスマホ決済サービスです。アプリをインストールし、クレジットカードを登録することによって利用できます。

加盟店の数はまだまだ少なくハウスマネー的な要素もないので、どちらかといえばOrigamiPayやPayPayに近い部類のキャッシュレス決済といえます。

知名度は高くありませんが、キャッシュレス消費者還元事業によってお得なキャンペーンを展開していくことが予想されます。

(8)アクアコイン

アクアコイン

タイプスマホ決済(QRコード)
地域千葉県木更津市
URLhttps://www.kisarazu-aquacoin.com

アクアコインは千葉県木更津市内限定で利用できるQRコード決済サービスです。アプリ内で現金をチャージし1円=1コインとして利用できます。千葉県木更津市が主導でサービスを提供している行政型のキャッシュレス決済でもあります。このような背景もあり、木更津市内の数多くのお店で利用可能で、行政と市民、商工会議所、加盟店など地域に属する人にメリットが行き渡るような仕組みになっています。

キャッシュレス消費者還元事業が政府主導で行われるにつれて、こういった行政発のキャッシュレス決済も増えてくると考えられます。

(9)ゆめか

ゆめか

【画像引用元】下記表内のURL

タイプ電子マネー
地域広島県中心、中国・四国・九州エリアなど
URLhttps://youmecard.jp/yumeka/

「ゆめか」は、広島県を中心にスーパーマーケットを展開している「イズミ」が提供する電子マネーです。イズミには「ゆめタウン」や「イズミ」「ユアーズ」「ゆめマート」などの店舗を展開しており、それらのグループ各店で利用できます。

店舗単位のハウスマネーとして機能しており、イベントでゆめかを利用するとポイントが通常の5倍貯まるなどお得な特典が用意されています。

(10)たんばコイン

たんばコイン

【画像引用元】下記表内のURL

タイプスマホ決済(QRコード)
地域兵庫県丹波市
URLhttp://tamba-s.com/wordpress/?page_id=121

「たんばコイン」は、兵庫県丹波市のたんば商業協同組合が提供しているQRコード決済サービスで、2019年10月1日にリリース予定となっています。地域限定で使えるキャッシュレス決済でもあり、丹波市のお店で利用ができます。

まとめ

キャッシュレス消費者還元事業で注目のローカル電子マネー/QRコードを紹介しました。

店舗単位のキャッシュレス決済であれば、頻繁に利用している人も多いでしょう。地域内で使えるものに関しては知名度も低く利用者も少ないかもしれませんが、これから始まるポイント還元事業に合わせて、各サービスさまざまな特典を予定しています。

思わぬところにお得なサービスが眠っているかもしれませんので、これを機にローカル電子マネー/QRコードに注目してみてください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ