消費税増税で株価はどうなる?軽減税率の影響は?過去の株価から分析

★ お気に入りに追加

2019年10月1日から消費税が増税されました。
消費税増税は、2014年4月1日以来5年半ぶりのことです。

経済への様々な影響が想定されますが、消費税増税で株価の動きはどうなるのでしょうか。
また、関連銘柄の伸びは期待できるのでしょうか。
この記事では、増税と株価について、軽減税率の影響や需要の多い企業についても含めてご説明します。

1.過去の消費税増税と株価

まずは過去の消費税導入時や増税時の変化を見てみましょう。

グラフで見る消費税税収と株価

このグラフは、毎年の日経平均株価終日終値と消費税税収を表したものです。
それぞれの増税のタイミングに分けてご説明します。

消費税3%導入時と株価

消費税が導入されたのは1989年4月です。
この当時、日本はバブル景気で、80年代は株価も驚くほど好調の時代でした。
グラフでは年単位なので分かりにくいですが、増税後も12月までは株価は急上昇を続けています。

しかし、1990年にはバブルが崩壊し、株価も急落します。
とは言え、バブル崩壊や株価の下落と消費税導入との因果関係はあまりないでしょう。
当時のバブルは不動産バブルでしたので、直接の原因は不動産融資総量規制であると言われています。

消費税5%増税時と株価

1997年4月、消費税が5%に増税されました。
5%になっても、実は7月頃まで株価は上昇していました。ただし、その後は1999年~2000年初めに少し回復したものの、2003年春まで下落傾向です。

失われた10年と言われるように、バブル崩壊から2002年頃までは日本経済は低迷します。
ちなみにこの5%に増税されたとき、家計の支出も減少しました。

しかし、5%に増税しなければ景気が回復したというわけでもないようです。
家計支出の一時的な減少に影響したことは確実でも、景気については金融政策との関連が大きいため、一概に増税に起因するとは言えません。

消費税8%増税時と株価

2014年4月、消費税が8%に増税されました。まだ記憶に新しいことですね。

上のグラフでもそうですが、月別のチャートを見ても2014年4月の増税以降も株価は上昇しています。
ただ、やはり家計の支出は減少傾向になり、株価よりは家計支出への影響がすぐに出るようです。

消費税増税と株価への影響

このようにグラフを見てみると、消費税増税(及び導入)は直接株価に大きく影響することはないようです。
ただ、株価は企業の指標で、消費税は個人への影響が強いものですから、消費税の影響が日経平均に反映されるのには時間がかかります。

今回、2019年10月の増税でも、増税が原因で直ちに株価が急落するとは考えにくいです。
しかし、米中貿易戦争や英国のEU離脱等、株価へ影響する他の要素は数多くあります。
安易にどうなると予想はできませんが、増税だけで悲観的になることはないようです。

もちろん、家計支出の減少から小売業の株価に影響する等のように、個別の影響はあり得ます。
また、今回の増税に伴う株価の値動きを予想・保障するものではありません。

2.軽減税率関連企業・銘柄と株価

今回の増税では日本で初めて軽減税率が導入されるため、レジシステムの変更や会計ソフトの導入など、様々な需要が想定されます。
また、キャッシュレス決済の普及が進むことで関連銘柄の株価上昇もあり得るところです。

そこでここでは、キャッシュレス決済やPOSレジ等、消費税増税と軽減税率導入の関連銘柄をご紹介します。

参考:以下の一覧は、「株探」の情報を元に作成しております。
https://kabutan.jp/

キャッシュレス関連銘柄一覧

近年はQR決済が話題になっていますが、どこの企業も覇権争いで大々的なキャンペーンを行っています。
日本でキャッシュレス決済が主流になれば、これらの銘柄も伸びる可能性が高く、「みんなの株式」の人気テーマランキングでは、キャッシュレス決済はほぼ常にトップ10に入っています。

LINE PayのLINEや、決済システムのGMO-PG、POSレジのスマレジやリクルート、SuicaのJR東日本など、有名な銘柄が名を連ねています。

POSレジ・タブレットレジ関連銘柄一覧

軽減税率に対応するため、多くの事業者がレジの更新や新規導入をすると考えられます。
実際に、8月からレジメーカーには問い合わせが殺到し、在庫切れも話題になりました。
そのため、POSレジやタブレットレジの銘柄は現在とても注目度が高いです。

セルフレジ関連銘柄一覧

セルフレジについても、スーパーを中心に導入が進んでおり、軽減税率だけでなく働き方改革の影響もあって、やはり注目度が高い分野です。

3.まとめ

過去の消費税増税と株価の推移を見てきました。
また、今回の消費税増税・軽減税率制度導入に伴って注目されているキャッシュレス決済やPOSレジ関連銘柄もご紹介しました。

ご紹介した分野はキャッシュレス決済を始めとしてどれも動きの激しい分野です。
ただ、中国のAlipayやWeChatPayを見れば分かるように、主導権を握った企業が伸びることは明らかです。
市場の動きをよく見ながら投資していきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ