5%ポイント還元と5%値引き(即時還元)どちらがお得?

★ お気に入りに追加
ポイント還元

消費増税に伴う政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業」(以下、ポイント還元)が2019年10月1日から2020年6月30日までの6カ月間、実施されます。
「ポイント還元」のポスターが貼られている店でキャッシュレス決済で買い物をすると、5%または2%のポイントが還元されます。ネットショップでも同じサービスを受けることができます。

このポイント還元には

  • 通常のポイント還元(以下、ポイント還元)
  • 値引き(即時還元)(以下、値引き)

の2種類があります。

ポイント還元は、ポイントを貯めておき、使いたいときにポイントを使う方法です。
値引きは、買い物をしたその場で、すぐにポイント還元分の値引きを受けられる方法です。値引きは「即時にポイントを還元している」と言い換えることができるので、即時還元と呼ばれることもあります。

5%のポイント還元と5%の値引きなら、消費者のメリットは同じように思えるかもしれませんが、実際は値引きのほうが「お得」です。
そのカラクリを、簡単な計算式を使って解説します。

1.ポイント還元と値引きの違い

ポイント還元の要点は2つあります。

1つは、今回の買い物で受け取ったポイントは、次回以降の買い物でしか使えない点です。
2つ目は、ポイントで買い物をしたときは、ポイントがつかない点です。

つまりポイント還元は、今回の買い物で発生したメリットを、次回の買い物で受けることになります
一方の値引きは、今回の買い物ですぐにメリットが得られます

次の章で、具体的な買い物を想定して計算してみます。値引きのほうがよりお得であることが数字でわかります。

2.実質的な還元率の違い

税抜価格1,000円のファイルを購入するケースで、ポイント還元のお得と値引きの実質的な還元率を比較してみます。
「本来の還元率」は、ポイント還元率も値引き率も5%とします。
「実質的な還元率」とは、消費者が実際に得る「実質的なお得」の率のことです。
消費税率は10%とします。

(1)ポイント還元の場合

まず、ポイント還元のお得度を計算していきます。

  • 消費税=1,000円×10%=100円
  • 税込価格=1,000円+100円=1,100円

消費税が10%なので、客が店に支払う総額は1,100円になります。

  • ポイント還元額=1,100円×5%=55円

このとき、ポイントは55円分がつきます。

このままではポイントが貯まっているだけなので、この客は「お得」を得ることができません。
そこで次の買い物で税抜50円(税込55円)のボールペンを買い、55円分のポイントを使ったとします。ポイントでまかなえるので、現金の追加はありません。

  • 税込価格=50円+5円=ポイント55円分

ポイントを使ったので55円分の「お得」を得ることができました。

以上の買い物をまとめると、還元率(お得率)が4.76%になることがわかります。
計算式は以下のとおりです。

  • 購入した商品の額:1,155円(=1,100円+55円)
  • お得(獲得ポイント):55円分
  • お得率(還元率):4.76%(=(55円÷1,155円)×100))

(2)値引きの場合

同じ条件で、値引きのときのお得を計算してみます。

  • 消費税=1,000円×10%=100円
  • 税込価格=1,000円+100円=1,100円

ここまでは、先ほどと同じです。
ここから5%の値引きが発生します。

  • 値引き額:55円(=1,100円×5%)
  • 支払総額:税込1,045円(=1,100円-55円)

この客はすでに「お得」を得ているので、次回の買い物をする必要がありません。
以上の買い物をまとめると、値引き率(お得率)が5%になることがわかります。
計算式は以下のとおりです。

  • 購入した商品の額:1,100円(=1,100円+55円)
  • お得(値引額):55円分
  • お得率(値引率):5%(=(55円÷1,100円)×100)

つまり、実際に、5%のお得が発生しています
ポイント還元のお得率は4.76%でしたので、値引きのほうが0.24%お得です。

3.消費者は値引きよりもポイント還元のほうが好き?

ポイント還元より値引きのほうがお得ですが、それでも多くの消費者はポイント還元を好みます。それは、ポイント還元には消費者心理をくすぐる、2つの戦略があるからです。

(1)保有効果

ひとつ目は「保有効果」戦略です。人は、保有できることに喜びを感じます。55円分のポイントは、カードのデータのなかにしっかり保存されているので、消費者は保有感を味わうことができます。

一方、55円の値引きは、その場でメリットを受けるため、後に具体的なものとして残りません。あたかも、お得が「消えたように」錯覚してしまいます。値引きは保有感が得られません。

(2)選好の逆転

ふたつ目は「選好の逆転」戦略です。選好とは、他の物より特定の物を好む、という意味です。買い物での当初の選好は、安く買えること、です。同じ商品を買うとき、高い店ではなく安い店を選ぶのは、安さが選好されているからです。

ところがポイント還元の仕組みを体験してしまうと、安さよりポイントのほうを好むようになります。ポイントを貯める楽しみのほうが、安さで得られる快感より強くなってしまうのです。ポイントの選好が、安さの選好を逆転したわけです。

消費行動は、金額の高い低いだけでなく、買い物の楽しみによって左右されることがあるのです。

4.ポイント還元と値引きの「実質的な」消費税率の差は?

ポイント還元と値引きは、実質的な消費税率にも影響します。
「実質的な消費税率」とは、本来の消費税率10%ではなく、消費者の実質的な消費税負担の割合のことをいいます。
例えば、小売店が「消費税分の値引きをします」と言った場合でも、本来の消費税率は10%ですが、実質的な消費税率は0%となります。

ポイント還元と値引きでは、実質的な消費税率が異なり、ここでも値引きのほうがお得になります。
先ほどと同じように、次の条件で計算してみます。

・税抜価格1,000円のファイルを購入する
・消費税率は10%
・ポイント還元率も値引き率も5%

(1)ポイント還元の実質的な消費税率

まず、ポイント還元の実質的な消費税率を算出していきます。

1,000円のファイルを買います。

  • 消費税=1,000円×10%=100円
  • 税込価格=1,000円+100円=1,100円
  • ポイント還元額=1,100円×5%=55円

次の買い物で、税抜50円(税込55円)のボールペンを買い、55円分のポイントを使ったとします。

  • 税込価格55円:ポイントを使うので現金の支払いなし

以上の買い物の商品の税抜価格は、1,000円+50円=1,050円です。
以上の買い物で支払った金額は、1,100円です。
したがって実質的な消費税率は4.76%になります。計算式は以下のとおりです。

  • 1,100円÷1,050円=1.0476…
  • 1.0476…-1≒0.0476=4.76%

(2)値引きの実質的な消費税率

値引きの実質的な消費税率を算出していきます。

1,000円のファイルを買います。

  • 消費税=1,000円×10%=100円
  • 税込価格=1,000円+100円=1,100円
  • 値引き額:55円(=1,100円×5%)
  • 支払総額:税込1,045円(=1,100円-55円)

以上の買い物の商品の税抜価格は、1,000円です。
以上の買い物で支払った金額は、1,045円です。
したがって実質的な消費税率は4.5%になります。計算式は以下のとおりです。

  • 1,045円÷1,000円=1.045
  • 1.045-1=0.045=4.5%

ポイント還元の実質的な消費税率は4.76%でしたので、値引きのほうが「実質、安い消費税」で買い物をすることができます

5.実質的な消費税率まとめ

消費税率には8%/10%の2パターン、ポイント還元率にも2%/5%の2パターンがありますので、それぞれ、ポイント還元時と値引き時の実質的な消費税率を表でまとめます。

税率ポイント
還元率
実質税率
ポイント還元値引き(即時還元)
8%2%5.88%5.84%
8%5%2.86%2.60%
10%2%7.84%7.80%
10%5%4.76%4.50%

まとめ

ポイント還元よりも、その場で値引きをする即時還元のほうが、「お得」を多く得られますし、実質的な消費税の負担も減らすことができます。

通常のポイント還元か値引き(即時還元)かは店舗によって異なります。消費者が選択することはできませんが、値引き(即時還元)をしている店舗を積極的に利用することで、よりお得を得ることができるでしょう。

ただ、買い物の楽しみは出費の多い少ないだけではありません。「ポイントが貯まったらあれを買おう」というワクワク感を大切したい方は、ポイント還元のほうが楽しいかもしれませんね。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ