楽天ペイとポイントの全知識|ポイント還元制度と利用方法

★ お気に入りに追加
楽天ペイ

「楽天ペイを使い始めたけれど、コンビニとかで期間限定ポイントを消化できるの?」
「楽天ペイのポイントが還元されない?いつ付与されるの?」

等様々な疑問を持つ方が多いのではないでしょうか。

この記事では、楽天ペイのポイント還元における大切な点や注意点、また2019年10月から開始したキャッシュレス消費者還元事業についても併せて紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.楽天ペイのキャッシュレス・ポイント還元

1-1. 楽天ペイはキャッシュレス・消費者還元事業に参画している

楽天ペイは、2019年10月1日消費税増税を受けて行われた消費者の消費を向上させるための試み「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画しています。

期間は2019年10月1日から9カ月間と限定的ではありますが、この期間内で楽天ペイを利用すると、利用者はお得に還元を受けることが可能になります。

1-2.事前登録が必要か?手続きは?

楽天ペイは楽天に登録された会員情報を元に支払いを行うことができるので、非会員の場合支払いができません。

楽天会員の登録はメールアドレス、住所、クレジットカード(もしくはデビットカード・プリペイドカード)等を登録するだけで完了できます。会員登録料は無料です。

これで楽天ペイをインストールして、キャッシュレス消費者還元の加盟店でショッピングに利用すればポイント還元されます。

ただし後述しますが、楽天独自のキャンペーンを併用する場合は「事前エントリー」が必要になりますので、必ず忘れないようにしましょう。

*楽天ペイ5%還元キャンペーンエントリーページ
*楽天会員登録ページ

1-3. どんな店で利用すると還元される?

楽天ペイを利用できる店かつキャッシュレス消費者還元事業の加盟店ならどこでもポイントを還元されます。

・セブンイレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ

等の大手コンビニをはじめ、ドラッグストア、飲食店、家電量販店など利用できる店舗数が多いです。詳しくは公式サイトをご確認ください。

*「楽天ペイが使えるお店

1-4. キャンペーン|楽天ペイなら加盟店以外でも還元される

通常はキャッシュレス還元事業において、コンビニなどでクレジットカードで支払うと2%還元、それ以外の中小店舗は5%のポイントが還元されます。

しかし、楽天ペイなら2019年10月1日〜12月2日まで還元率は全店(キャッシュレス消費者還元事業の加盟店以外でも)、すべて5%となってます(*事前エントリー必須)。

さらにコンビニの場合は、コンビニの値引き額(2%(即時値引))に加えて、上記の楽天ペイのキャンペーンの5%ポイント還元されることで、実質約7%還元されます。

またクレジットカードを楽天ペイに紐付けることで、クレジットカードの通常利用ポイントまでも獲得できます。

上記キャンペーンは12月2日までですが、それ以降にも、同様の還元キャンペーンが行われることが予告されています。楽天ペイを利用する際は、期間や利用店舗を確認し、還元されるかどうかをチェックした上で利用をするように心がけてください。

*「【第1弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元

2.楽天ペイの通常のポイント還元について

楽天ペイは利用方法を熟知していると、賢くポイントを活用することが可能になります。ポイントの仕組みを簡単に知っておきましょう。

2-1.通常ポイントと期間限定ポイントがある

楽天スーパーポイントは主に2種類のポイントがあり、通常ポイントと期間限定ポイントがあります。違いは、文言の通りですが、有効期限が短いかどうかです。

特に、期間限定ポイントは、楽天が設定した期限内に利用する必要があります。

短いものになると10日以内に消化をしないといけないケースがあるので、付与された時はいつまでにポイントを使えば良いか確認する必要があります。

また後述しますが、楽天ペイなら期間限定ポイントを優先して利用することも可能です。

2-2.通常ポイントの利用期限

また通常のポイントの利用期限は下記の通りです。

・最後にポイントを獲得した月を含めた1年間

具体例で言うと、2019年5月25日に獲得した場合、獲得月が5月なので、2019年5月1日から1年後の2020年4月30日が期限日になります。

ただし、期間中に新たにポイントが付与された場合には、その月からさらに1年間が利用期限となり、最初に付与されたポイントの利用期限も伸びることになります。

なお、楽天ペイでは通常ポイントと期間限定ポイント両方付与されるため、付与されたポイントがどのポイントなのか把握しておく必要があるので注意しましょう。

2-3.ポイントがつかない?|ポイント付与日はいつ

楽天ペイでのポイント付与日は下記のとおりです。

・楽天ペイアプリのご利用日から2~3日程度で付与
・ネット決済・オンライン決済の場合は注文確定日の翌々月5日~8日頃

ただし、キャンペーン時のポイントは、付与日が異なるので各キャンペーンページを御覧ください。

特にキャンペーン時のポイントは即日付与されることが少ないので「ポイントがつかない」と感じることが多いようです。

3.楽天ペイのポイント払いと使い方|期間限定ポイントを消化する!

3-1. ポイント払いとは

例えばコンビニや家電量販店などで楽天ペイを使う場合、ポイントだけでも利用することが可能なのでしょうか?。

答えは可能です。ポイントがあれば支払いを行うことができます。

この時、もしも期間限定ポイントしか所有していない状態であってもポイント払いをすることが可能です。

3-2.ポイントが使えない場合|「ポイントを全て利用」に設定する

まれに「ポイント払いができない、使えない」と悩んでいる方がいらっしゃいます。

その場合、「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れていない可能性があるので、まず確認してください。

ポイントを全て使う設定にしている場合、ポイントが先に使用され、残りの不足分を楽天キャッシュから支払う順序になります。

ポイントは期間限定、通常ポイントの順で優先されて消化されていきます。

「すべてのポイント/キャッシュを使う」の右側に「設定」というボタンが有り、そこから「期間限定ポイントだけ使う」など細かい設定も可能です。

もしも、期間限定ポイントを多く保有している場合は、ポイントを全て使用するにチェックをしてすぐに消化したほうが良いかもしれません。

3-3.ポイント払いの上限

楽天ペイでは、ポイント払いでの1回の上限値が設定されています。

1回で利用できるポイント払いの上限は基本30,000ポイントです。

つまり、3万円以上の商品を購入する場合は、ポイントと現金を併用する等の支払い方法となります。

3-4.ポイント払いは現金と併用できる?|ポイントが不足していた場合

楽天ペイでポイント支払いを行なった場合、不足分が発生した場合は残りの金額は、楽天ペイにチャージした「楽天キャッシュ」に入っているもので支払われます。

しかし、楽天キャッシュに金額が入っていなくポイントだけで支払えない場合はエラーが表示されることがあります。

このような場合はクレジットカードを登録していれば、ポイントと併用して支払う事が可能となります。

ただし、ポイント払いと現金を併用して支払いを行うことも不可です。

状況に応じてポイントと併用しながら支払いを行うようにしましょう。

3-5.楽天ペイと楽天ポイントカードは別々に提示すべきか?|二重取り

お店によっては楽天ポイントカードを提示すると会計時にポイントが追加で付与されることがあります。

例えばビックカメラの場合、楽天ポイントカードを提示すると基本は5%のポイントを付与されるので、5,000円のお買い物をした際、250ポイントを獲得できます。

さらにその後、楽天ペイで支払うと基本還元率0.5%のため、25ポイント還元されます。

注意する必要があるのは、楽天ペイで支払っても、楽天ポイントカードを提示したことにはならないことです。手間が2倍になってしまいますが、楽天ペイと楽天ポイントカード両方提示して初めて二重取りが可能となります。

楽天ポイントカードはリアルカードでなくても、アプリ内にあるバーコードを提示すればOKです。

ポイントを獲得する際には、両方提示することで上記のようなお得な恩恵を受けることができるので、ぜひ楽天ペイで支払う際には楽天ポイントカードの提示をしてください。

3-6.楽天ペイと楽天ポイントカード、どちらでポイント消化すべきか

単に「楽天市場で稼いだ期間限定ポイントを消化したいだけ」というユーザーも多いと思います。

その場合、楽天ポイントカードで支払うか、楽天ペイで支払ったほうが良いのか、それとも楽天カードか楽天edyかどれが得か迷うかもしれません。

ポイント払いに関しては、楽天ポイントカードと楽天ペイのどちらを使っても特典などが変わるようなことはないため、お得感は同じです。

ただ利用できるお店が楽天ペイと楽天ポイントカードで異なるので、例えばマクドナルドで利用する場合は楽天ポイントカード、セブンイレブンで利用する場合は楽天ペイと使い分けて、消化するのが良いでしょう。

4. 楽天ペイの支払い方法ごとのポイント付与の仕組み

最後に、楽天ペイの各支払い方法ごとのポイント付与について解説致します。楽天ペイの支払い方法は、下記の3つがあります。

・楽天キャッシュ払い
・クレジットカード払い
・楽天ポイント払い

4-1.楽天キャッシュ(チャージ)払いの実質還元率

楽天キャッシュ払いは、まず事前に楽天カードかもしくは楽天銀行口座・ラクマの売上金から「楽天キャッシュ」にチャージする必要あります。

楽天キャッシュに銀行口座やクレジットカードでチャージした場合、200円に1ポイント毎付与(還元率0.5%)されます。

さらに楽天キャッシュ払いで店舗利用すると、200円に1ポイント毎付与(還元率0.5%)されるので、合計1%還元されます。

4-2.クレジットカード・デビットカード払いの実質還元率

楽天ペイの場合、お支払い元にクレジットカードを設定して支払うと、クレジットカードのポイントとさらに、楽天ペイの利用ポイントとして200円に1ポイント(0.5%還元)付与されます。

クレジットカードのポイントの還元率は、登録したクレジットカード固有の還元率となります。例えば楽天カードの場合は1%が基本付与されるので、合計1.5%となります。

基本還元率が0.5%以上のカードを設定すると、還元率という視点では、楽天キャッシュ払いよりお得になる可能性があります。

またVisaとMastercardのプリペイドカード、デビットカード(一部不可)も利用できます。

4-3.ポイント払いの実質還元率

楽天ペイの場合、他のpayと異なり、ポイント払いでもポイント付与されます。

還元率は0.5%、お買物200円につき1ポイント還元です。

クレジットカードを利用する場合よりも損をしてしまいます

ただし、2019年11月現在行っているキャッシュレス消費者還元事業に併せてのキャンペーンの場合は、ポイント払いでも5%還元されます。

4-4.注意点

上記のポイント付与率はあくまで、通常時のポイント付与率です。

繰り返しになりますが、キャンペーンなどを開催している場合は、キャンペーンのポイント付与率が適用されるため、必ずキャンペーンのページをご確認下さい。

5.まとめ

楽天ペイは仕組みを理解しておくとポイントを効率よく貯めながら、通常ポイントも期間限定ポイントも利用・消化することができます。

楽天ユーザーであれば、楽天ペイを使わない手はありません。

楽天ペイをインストールしたけれどまだ活用できていないという方は、ぜひ今日から利用を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ