郵便局のキャッシュレス決済は2020年2月から!ゆうパックや切手

★ お気に入りに追加

画像引用元(PDF):日本郵便株式会社プレスリリース「郵便局におけるキャッシュレス決済の導入」

ゆうパック送るときや、切手・レターパックなどを買いたいときなど、ネット時代になった今でも郵便局で支払いをする機会はよくあります。

そんな郵便局での支払い、クレジットカードやQRコードなどのキャッシュレス決済が使えたら便利なのに…と思ったことはありませんか?
現在のところ、郵便局の支払いでキャッシュレスは利用できません。

しかし、2020年2月3日から全国65の郵便局でキャッシュレス決済が利用できるようになります!
また、2020年5月には全国約8,500局で導入予定です。

この記事では、郵便局のキャッシュレス決済対応状況について解説いたします。

1.現在の郵便局のキャッシュレス対応

先程も述べたとおり、現在は郵便局でクレジットカードなどのキャッシュレス決済は利用できません。
切手や印紙はもちろん、ゆうパックやレターパック、店頭に置いてある商品も含めて、キャッシュレス非対応です。

2.2020年2月3日から郵便局で対応するキャッシュレス

郵便局では、2020年2月3日から、クレジットカード、電子マネー、スマホ決済(QR決済)に対応します。

引用元(PDF):日本郵便株式会社プレスリリース「郵便局におけるキャッシュレス決済の導入」別紙1

クレジットカード・デビットカードなど

クレジットカードなどは基本的なブランドには全て対応しています。
郵便局が対応予定のブランドは以下のとおりです(6ブランド)。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • UnionPay(銀聯)

(ブランドで対応しているため、三井住友カードや楽天カードなどカード会社の名前がなくても、カードにこれらのマークがあれば利用可能です)

電子マネー(SuicaやWAONなど)

Suicaに代表されるような交通系電子マネーや、いわゆる非接触決済にも対応します。
郵便局が対応予定の電子マネーは以下のとおりです(4ブランド)。

  • iD
  • WAON
  • QUICPay
  • 交通系電子マネー(Suica/PASMO/Kitaca/TOICA/manaca/ICOCA/SUGOCA/nimoca/はやかけん)

これらの対応により、Google PayやApple Payなどで、モバイルSuicaやQUICPayなどを利用することができるようになります。
スマホ一つあれば郵便局の支払いができ、便利になりますね。

スマホ決済(QRコード決済)

いわゆるPay系と言われるような、QRコード決済にも対応予定です。
郵便局が対応予定のスマホ決済は以下のとおりです(11ブランド)。

  • PayPay
  • LINE Pay
  • 楽天Pay
  • メルペイ
  • d払い
  • Origami Pay
  • au PAY
  • Amazon Pay
  • ゆうちょPay
  • Alipay(支付宝)
  • WeChat Pay(微信支付)

3.キャッシュレス決済に対応予定の郵便局一覧

2020年2月3日からキャッシュレス対応予定の郵便局(65局)

対応郵便局以下のとおりです。

引用元(PDF):日本郵便株式会社プレスリリース「郵便局におけるキャッシュレス決済の導入」別紙2

2020年5月からキャッシュレス対応予定の郵便局(約8500局)

2020年5月には全国約8500局がキャッシュレス決済に対応予定です。

対応の郵便局一覧は、郵便局公式サイト、「郵便窓口におけるキャッシュレス決済」で確認できます。
ページ下部に都道府県別で掲載されています。

4.キャッシュレスで支払える対象

郵便局で上記のようなキャッシュレス決済を利用できる対象は下記のとおりです。
郵便局のサービスでは基本的に利用できますが、印紙が除外されている点は要注意です。

  • 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
  • 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く。)の支払い
  • カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

まとめ

郵便局のキャッシュレス対応予定についてまとめました。
2020年2月3日と同年5月と、郵便局によって対応時期が異なりますので注意してください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ