マックスバリュ(MaxValu)のポイント還元とキャッシュレス決済一覧

★ お気に入りに追加
マックスバリュ

画像引用元|マックスバリュ(MaxValu)

10月1日からキャッシュレス化が本格的にスタートし、各店舗は対応に追われています。
利用者にとってもキャッシュレスで支払いをすると対象店舗では5%もしくは2%の還元があるので、積極的に活用することになるでしょう。

イオングループが運営するスーパー「マックスバリュ(MaxValu)」では、どういったキャッシュレスが使えるのでしょうか、ポイント還元の対象にはなっているのでしょうか。

今回は、マックスバリュにて使用できるキャッシュレスや、ポイント還元の有無について紹介していきます。

1.マックスバリュで使えるキャッシュレス決済

増税によるキャッシュレス化は国が主導で進められていることから、キャッシュレス決済をすると2%もしくは5%の還元が受けられます。

では、マックスバリュではどういったキャッシュレス決済が使えるのでしょうか。種類別に紹介していきます。

(1)マックスバリュで使えるクレジットカード/デビットカード

マックスバリュで使用できるクレジットカードは下記のとおりです。

クレジットカード/デビットカード
VISA
MasterCard
JCB
AMERICAN EXPRESS
Diners Club

クレジットカードはシェア率の高いものは使用できます。
支払いに困ることはほぼないでしょう。

デビットカードについても基本的には使えますが、J-Debitは使えません

(2)マックスバリュで使える電子マネー

マックスバリュで使える電子マネーは下記のとおりです。

電子マネー
SuicaKitaca
PASMOはやかけん
ICOCA×楽天 Edy×
manacananaco×
nimocaiD
PiTaPa×QUICPay
TOICAWAON
SUGOCA 

電子マネーについても多くの店舗が交通系ICカードに対応していますが、店舗によっては対応していない場合もあります。

またマックスバリュではイオングループ独自の電子マネーとなるWAONカードがあり、クレジットカードと一体型になっているものもあるので便利に活用できます。

(3)マックスバリュで使えるQRコード決済

急速なキャッシュレス化の発展に伴い話題となっているPayPayやLINE payなどのQRコード決済ですが、マックスバリュでは使用できません。

QRコード決済
PayPay×
楽天ペイ×
LINE Pay×
d払い×
Origami Pay×
メルペイ×
au PAY×
Alipay×
WeChatPay×

今後さらにキャッシュレス化の波がくることを想定すると使用できる種類が増え変わっていく可能性はありますが、現状ではクレジットカードやデビットカード、そして電子マネーのみに対応しています。

2.キャッシュレスポイント還元対象?軽減税率は?

(1)ポイント還元対象?

残念ながらマックスバリュは資本金や従業員数といった還元事業の対象となる条件を満たしていない企業であるため、ポイント還元の対象ではありません。
そのため、これまでご紹介してきたクレジットカードや電子マネー等で支払っても、ポイント還元は受けられません。

(2)軽減税率の商品の販売

マックスバリュでは軽減税率対象で税率が8%となる食品などと、消費税10%の日用品などの軽減税率対象外品を扱っています。

そのため、10月1日からの消費増税に伴い「10」と値札に表記し消費者が区別できるようにしています。
消費増税が実施されても今までと消費税率が変わらない食品などの商品については、特に表記せず扱いは変わっていません。

3.独自電子マネー「WAON」とマックスバリュのアプリ

(1)独自電子マネー「WAON」

マックスバリュはイオングループが運営しているスーパーとなるため、独自の電子マネーであるWAONが使えます。

WAONは全国およそ51万か所で使用でき、イオングループだけでなくローソンやファミリーマートなどのコンビニでも支払いに活用可能です。
事前にチャージをしておくことで現金なしで支払うことができ、WAONでの支払い200円ごとに1ポイントが加算されます。
貯めたポイントは1ポイントあたり1円相当として使うことができます。

WAON機能が搭載されているカードは下記のとおりです。

  • 提携WAONカード
  • キャッシュカード一体型
  • クレジットカード一体型
  • WAONカード、WAONカードプラス

また、カードではなくスマートフォンでWAONポイントを貯められるものがモバイルWAONで、会計時にスマートフォンをかざすだけで支払い完了です。
万が一スマートフォンの充電が切れてしまっても何度か支払うことができます(Androidのみ)。

モバイルWAONはクレジットカードと紐付けておくことでアプリ操作でチャージでき、わざわざお店で現金からチャージする必要がありません。
さらにポイント残高や利用履歴などもアプリ上で確認できるので、気軽に利用できます。

関連記事
WAONカード
WAONでオトクにポイント還元を受ける方法
お近くにイオン系列のスーパーがある場合、WAONを使っている方も大勢います。 WAONはスムーズに買い物ができてポイ…

(2)マックスバリュ西日本アプリ「My-Pi」

マックスバリュ西日本が提供するアプリが「My-Pi」です。
My-Piは無料で登録できるアプリで、iPhoneとAndroidのどちらにも対応しています。

My-Piをダウンロードすると店舗に訪れた際、入り口にあるQRコードを読み込むとルーレットを回すことができ、マイピスコアというポイントを貯めることが可能です。
マイピスコアを貯めることでお得なクーポンを獲得できるため、頻繁に利用する方にとっては見逃せないアプリといえます。

またMy-Piではマイピスコアを貯めるだけでなく、お店ですぐに使えるクーポンも配信されています。

(3)マックスバリュ東海公式アプリ

マックスバリュ東海でも公式アプリがリリースされており、買い物時に利用できるクーポンをはじめお得な情報をお届けしています。
お気に入りとしてよく行く店舗を登録でき、特売情報やキャンペーンなどのおすすめ情報も配信されます。

WAONカードをアプリに登録することで、ポイントの残高を確認でき便利に活用できますので、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

4.イオングループで現在実施中のキャッシュレス関連キャンペーン

マックスバリュも含まれるイオングループでは、キャッシュレス化に伴いキャンペーンを実施しています。

いくつかマックスバリュでも対象となるキャッシュレス関連のキャンペーン情報を紹介していきます。

モバイルWAONご利用キャンペーン

スマートフォンだけで便利にWAONを活用できるモバイルWAONで、税込み3,000円以上の支払いを行うと抽選で合計2,000名に1,000電子マネーWAONポイントがプレゼントされます。
当選してWAONポイントを獲得すると、スマートフォンによる操作ですぐに受け取りができます。

対象:モバイルWAON、モバイルJMB WAON
応募:不要
期間:2019年10月1日から2019年12月31日
ポイント受取期間:2020年1月31日から2020年9月30日

ただし、ポイントの受取開始日にWAONを退会しているとポイントは獲得できません。
また、ポイント受取期間内に受け取りができなかった場合は無効となります。

WEB限定 最大10%ポイント還元

こちらはWEB限定のキャンペーンで、イオンカードに新規入会し、発行されたカードで2020年1月10日までに利用すると、利用金額のうち最大10%をときめきポイントで還元するというものです。

対象:イオンカードセレクト(トイ・ストーリーデザイン、ミッキーマウスデザイン、通常デザイン)
応募:「暮らしのマネーサイト」からの新規入会
入会期間:2019年10月1日(火)0:00~12月2日(月)9:59
利用期間:2020年1月10日(金)まで
上限:還元ポイント1万ポイントまで
詳細:公式サイトをご覧ください

ときめきポイントは電子マネーWAONポイントに交換でき、1ポイント1円相当として使えます。
例えば発行されたカードで50,000円利用すると5,000円相当のポイントが還元されるということです。

2019年12月31日の時点でカードが発行されていることを確認できることなど、いくつか条件がありますので、公式サイトの条件や注意事項を必ずご確認ください。

イオンJMBカード10%ポイント還元

先ほどのイオンカードと同様のキャンペーンを、イオンJMBカードでも行っています。

基本的な入会条件や期間等については同様ですが、詳細が異なる部分がありますので、公式サイトをご確認ください。

5.マックスバリュでキャッシュレスを活用してお得に買い物をしよう

ここまで紹介してきたように、マックスバリュはキャッシュレス支払いにおけるポイント還元の対象外となる店舗です。
またマックスバリュではクレジットカードや電子マネーは支払いに使えますが、現状QR決済は利用不可です。

しかし独自の電子マネーであるWAONを使った還元キャンペーンを行っているので、キャッシュレスを活用することでお得に買い物ができます。
今後の動きにも注目しつつ、イオングループで実施されている還元内容を把握しておきましょう。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ