三井住友カード20%還元キャンペーンの注意点【2019年9月~12月】

★ お気に入りに追加

多くの方が利用しているクレジットカードに三井住友カードがあります。

そして三井住友カードにて実施されているキャンペーンにはお得にカードを作れる、知っておきたい情報があります。

今回は、2019年12月までに申し込みをしてその後2ヶ月間対象となる、三井住友カードのキャンペーン内容について詳細を説明し、さらに登録するうえでの流れやメリット、そして気をつけるべき注意点などを紹介していきます。

1.今回の三井住友カード入会キャンペーンの基礎知識

三井住友カードでは定期的にさまざまなキャンペーンを開催しており、うまく活用することでお得に利用できます。

今回開催されているキャンペーンが、新規入会限定で上限を12,000円に設定し、カード利用分の20%を還元するといった内容です。

非常に魅力的なサービスとなりますので、20%還元キャンペーンの対象者やキャンペーン期間、そして還元される時期などについて詳細を説明していきます。

(1)対象者

まず今回行われている20%還元キャンペーンの対象となる方は、下記の条件が設けられています。

・キャンペーン期間中に、新規で三井住友カードの入会を行った方
・カードの入会をしてから2ヶ月後末までにVpassアプリへログインをした方
・カードの入会をしてから2ヶ月後末までに、クレジットカードもしくはiDでショッピングに利用した方

これらの条件をすべて満たさなければキャンペーンは受けられないので、事前にきちんと把握をしておきましょう。

入会からカード利用やログインを行わなければいけない期間について表でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

ご入会日(カード発行日)カードの利用・Vpassへのログイン期限
2019年9月2日~9月30日2019年11月30日
2019年10月1日~10月31日2019年12月31日
2019年11月1日~11月30日2020年1月31日
2019年12月1日~12月31日2020年2月29日
2020年1月1日~1月31日2020年3月31日

12月27日までに申し込んで、カードの発行が1月末日に間に合えばOKということが分かります。

※下記から、三井住友カードを発行することができるのでご参考ください。

10分で登録完了! ]

三井住友カードを新規入会して利用すると、20%キャッシュバック!

三井住友カードを新規入会して対応店舗で利用すると20%のキャッシュバックを受けれます。コンビニやスーパー、ショッピングモールでガンガン購入できます。年1回利用で年会費無料のカードが良い方は「三井住友VISAクラシックカード」がおすすめ!

エントリーフォームはコチラから

(2)キャンペーン期間

今回の20%還元キャンペーンが実施されている期間ですが、2019年の9月2日から2019年の12月27日となります。

また大きな特徴として、キャンペーン期間中に申し込んだ日が基準となります。

つまり12月25日に申し込んでも、カードが発行される月(1月)の2ヶ月後の月末までがキャッシュバックの対象期間となります。

申し込みが今からでも全然間に合うので、ぜひこの機会にお試し下さい。

(3)キャッシュバックの方法

今回の20%還元キャンペーンの還元方法ですが、利用した金額の20%となる金額を利用月の2ヶ月後末までにキャッシュバックする形になります。

例えば9月にカードの入会をして同月末までに10,000円利用した場合、11月に2,000円がキャッシュバックされます。

カード決済日に請求額から減算するかもしくは、決済日の請求額がキャッシュバック額を下回る場合は、決済日に決済口座に振り込む形となります。

キャッシュバックされた金額については、WEB明細書かご利用代金明細書にて確認可能です。

(4)20パーセント還元キャンペーンの登録上の注意点について

今回の20%還元キャンペーンは、対象となるカードと対象外のカードがあります。

対象カードは下記となりますのでご確認ください。

・デビュープラスカード
・三井住友VISAクラシックカード(学生用も対象)
・アミティエカード
・エブリプラス
・エグゼクティブカード
・プライムゴールドカード
・ゴールドカード
・三井住友VISA SMBC CARDクラシック
・三井住友VISA SMBC CARDプライムゴールド
・三井住友VISA SMBC CARDゴールド
・三井住友VISAプラチナカード

そしてキャンペーンの対象外となるカードは、

・三井住友バーチャルカード
・提携カード(例:ANAカード、amazonカード等)
・法人カード
・家族カード
・ETC専用カード

といった種類となりますので、キャンペーンの利用を考えている方は対象となるカードをしっかりとチェックしておきましょう。

なお、多くの方が利用しているキャッシュレス決済「iD」での利用でもキャッシュバック対象となります。

またVISAと同じくシェア率が高い日本が誇るカードブランドであるJCBでは、上限を10,000円とした20%還元キャンペーンを実施しています(2019年12月まで)。

JCBの20%還元キャンペーンに関してはGoogle PayもしくはApple payにて、利用可能ですので、スマホ決済を利用する場合はJCBのキャンペーンも合わせてご確認下さい

関連記事
Google&Apple PayのJCB20%還元キャンペーンの注意点【2019年8月~12月】
GooglePay&Apple Payで「JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン」が2019年…

2.三井住友カード20%還元キャンペーンの特徴

三井住友カードの20%還元キャンペーンには、現金をキャッシュバックされるだけでなく他にもメリットがあります。

(1)VISAとMastercardを「デュアル発行」すれば還元上限が2倍になる

三井住友カードはデュアル発行が可能な珍しいクレジットカードです。

今回の20%還元キャンペーンはデュアル発行をすると2枚目のカードとあわせてそれぞれが対象となります。

そのため、1枚あたりの上限が12,000円という設定なので、最大キャッシュバック金額を24,000円に引き上げることが可能です。

ただし対象となるクレジットカードのなかでも、エブリプラスとデビュープラスカードについてはデュアル発行が不可となりますのでご注意ください。

申込方法としては、ネットでの申し込みの際に「ご希望のカードブランド」を選択する欄があるので、「VISAカードとマスターカード(2枚)」を選ぶだけで可能となります。

*デュアル発行で申し込むにはどのようにすればよいですか?(三井住友カード)

(2)利用できる店舗の多さ

三井住友カードのキャンペーンはクレジットカードだけでなくデビットカードや電子マネーなどでも行われることがありますが、クレジットカードのキャンペーンの場合、利用できる店舗数が他の決済方法と比較するととても多いことが特徴です。

例えば、現在(2019年12月まで)、JCBはGoogle payとの20%還元キャンペーンを行っておりますが、店舗側がQUICPayに対応している必要があります。もちろんネット通販で利用してもキャッシュバックされません。

しかし三井住友カードの20%還元キャンペーンの場合は、QUICPayに対応していないスーパーでも、ネット通販であっても、キャッシュバック対象となります。

(3)キャッシュバックが早い

キャッシュバックが他のキャンペーンと比較して早い点もメリットになります。

上記でも説明しましたが、今回のキャンペーンはカードを利用した月の2ヶ月後末にキャッシュバックされます。

マイ・ペイすリボへ新規登録をすると受けられる2,000円プレゼントキャンペーンなども行っておりますが、プレゼントの付与はカード入会月の4ヶ月後の末日となります。

早くに特典が受けられる点も、利用している側からすると嬉しいです。

(4)条件によって年会費無料のカードもある

三井住友カードにはさまざまな種類があります。

なかには条件によって年会費無料で所持できるカードがあるので、申し込みを検討している方はぜひチェックしておきましょう。

下記が無料で利用できるおすすめのカードです。

・三井住友VISAデビュープラスカード
・三井住友VISAクラシックカード
・三井住友VISAクラシックカードA

例えば三井住友VISAデビュープラスカードでは18歳から25歳という年齢制限はありますが、年会費は毎年1回以上利用があれば無料です。

三井住友VISAクラシックカードは、初年度の年会費についてはインターネットにて申し込みを行うと無料になります。

さらに2年目以降については、マイ・ペイすリボに登録をして年間で1回でもクレジットカード決済を行うと1,250円の年会費が無料になります。

クラシックカードAに関しても、三井住友VISAクラシックカードと同じ条件を満たしておけば年会費は無料となります。

(5)タダチャンというお得なキャンペーンも同時開催

三井住友カードでは2019年の9月2日から2019年の12月29日の期間で、日頃の買い物がタダになるチャンスである「タダチャン」というキャンペーンも開催しています。

タダチャンの対象となるカードは三井住友VISAデビュープラスカードや、三井住友VISAクラシックカード、そして三井住友VISAゴールドカードなど幅広いラインナップです。

キャンペーン期間中にVpassにログインを行って対象となるカードを使い、買い物をするだけで特にエントリーも必要ありません。

上限10万円という設定で抽選にて合計10万本が全額タダになるという魅力的なキャンペーンです。

当選発表は17回あり、金曜日にメールもしくはアプリでお知らせされます。

(6)「Apple Payまたは Google Pay のiDを新規設定で2,000円分のお支払いがタダ」というお得なキャンペーンも同時開催

2019年の10月1日から2020年の2月29日までの期間で、「Apple Payまたは Google Pay のiDを新規設定で2,000円分のお支払いがタダ」というキャンペーンを開催しています。

上記の期間中に三井住友カードに入会をして、Apple Payまたは Google PayのiDに登録するだけです。

あくまで新規設定された方が対象となり、過去に設定を行ったことがある方は対象外なのでご注意ください。

10分で登録完了! ]

三井住友カードを新規入会して利用すると、20%キャッシュバック!

三井住友カードを新規入会して対応店舗で利用すると20%のキャッシュバックを受けれます。コンビニやスーパー、ショッピングモールでガンガン購入できます。年1回利用で年会費無料のカードが良い方は「三井住友VISAクラシックカード」がおすすめ!

エントリーフォームはコチラから

3. 三井住友カードのキャンペーンの注意点

魅力的キャンペーンが開催されている三井住友カードですが、いくつか気をつけなければいけない注意点があります。

お得なキャンペーンをきちんと利用するために把握しておきましょう。

(1)場合によってカード審査に落ちる可能性はあり

当然ですがすべての方が三井住友カードの審査に通過できるわけではありません。

バーコード決済のキャンペーンやデビットカード、プリペイドカードを用いたキャンペーンの場合と比べると、審査が問題になるケースが多いです。

過去に金融事故を起こしている方は審査落ちが濃厚ですし、本人確認書類などの必要書類に不備があればカードの発行期限までに入会できない可能性もあります。

審査基準は一般的に公表されていませんが、キャンペーンを受けるにあたり審査に通過することは最低条件といえます。

(2)すでに三井住友カードの会員の場合は基本対象外

すでに三井住友カードの会員は対象外です。

ただし例外として、エブリプラスは重複して所持できるため新規で申し込みをするとキャンペーンの対象となります。

(3)Vpassアプリログインを絶対忘れない

三井住友カードのキャンペーン対象となるには、Vpassアプリへのログインは必須です。

Vpassアプリはカードの利用履歴や明細などを確認できるもので、スマートフォンでログインを行ってください。

パソコンでのVpassログインはアプリのログインとは違うので、キャンペーンの対象となるため理解しておきましょう。

4.まとめ

三井住友カードの20%還元キャンペーンをはじめ、お得に買い物ができるキャンペーンはチェックしておきましょう。

対象となる条件やカードの種類なども把握し、対象外とならないために注意してください。

20%還元キャンペーン以外にもお得な企画が実施されていますので、定期的に確認することが大切です。

10分で登録完了! ]

三井住友カードを新規入会して利用すると、20%キャッシュバック!

三井住友カードを新規入会して対応店舗で利用すると20%のキャッシュバックを受けれます。コンビニやスーパー、ショッピングモールでガンガン購入できます。年1回利用で年会費無料のカードが良い方は「三井住友VISAクラシックカード」がおすすめ!

エントリーフォームはコチラから

この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ