nanacoで公共料金や税金を支払えるの?

★ お気に入りに追加
nanaco

画像引用|株式会社セブン・カードサービス

多くの方が利用しているnanacoは、通常の買い物だけでなく税金や公共料金の支払いにも活用できる電子マネーです。
現金で支払うよりもお得に決済ができ、かつ節約にも繋げられることから注目されています。

そこで今回はnanacoで支払える税金や公共料金について説明し、注意点やチャージにおすすめのクレジットカードなどを紹介していきます。

1.nanacoとは

nanacoで税金や公共料金を支払えることを紹介する前に、そもそもnanacoとはどういったものかを理解しておきましょう。

nanacoの特徴などを紹介していきます。

(1)現金を必要としない便利な電子マネー

まずnanacoとはどういったものかというと、現金を使用せず読み取り機にかざすだけで支払いができる電子マネーのことです。

スピーディーに支払いができ、かつクレジットカードと同じくポイントが貯められます。

支払い方法は、事前にnanacoへお金をチャージしておくだけと非常に簡単です。

(2)全国に加盟店が多い

nanacoの特徴として挙げられるのが、全国各地に加盟店があるためさまざまな場所で支払いに使用できることです。

nanacoは全国のセブン&アイグループをはじめ、nanacoマークのあるお店で使えます。

主な使用可能店舗は下記です。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • デニーズ
  • ENEOS
  • ツルハドラッグ
  • ドミノピザ

上記で挙げている加盟店は一部にしかすぎず、2019年9月末時点でおよそ520,800店舗もあります。

最近では新たに大手牛丼チェーン店である吉野家でも使用可能となり、今後の展開にも期待ができる電子マネーです。

(3)nanacoにもさまざまな種類がある

nanacoは一般的に知られているカードタイプの他にもさまざまな種類があります。

まずはレジにてカードをかざすだけで支払いが完了する「nanacoカード」。
おサイフケータイでnanacoに入会するアプリである「nanacoモバイル」。
そしてnanacoが一体となっているクレジットカード「セブンカード・プラス」の3種類です。

nanacoカードの特徴は先程お伝えした通りで、nanacoモバイルとはレジにてスマートフォンを読み取り機にかざせば支払いが完了します。

またnanacoモバイルはスマートフォンの電源がオフの状態でも支払いに使えるという特徴もあり、スマートフォン上で簡単に取引履歴や残高の確認ができるため使い勝手の良い決済サービスです。

そしてセブンカード・プラスは、nanacoが一体型になっているクレジットカードで、年会費は無料で使えます。
使用方法は通常のnanacoカードと変わらず、支払い時にレジにて読み取り機にかざすだけです。

取り扱いブランドはVISAとJCBがあり、デザインについては一般デザインとミッキーが描かれたディズニー・デザインが用意されています。

2.nanacoで支払える税金や公共料金について

nanacoがどういった商品かという基本的な部分を理解できたところで、いよいよ本題となる支払える税金や公共料金について説明していきます。

公共料金は現金ではなく電子マネーで支払える時代です。
きちんと理解し、ぜひ支払いにnanacoを活用してみてください。

(1)nanacoで支払える税金

まずnanacoで支払える税金は下記が挙げられます。

  • 固定資産税
  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 住民税

上記がnanacoで支払える税金です。
もともと税金の支払いは国税局や税務署で行うものでしたが、今ではコンビニで気軽に支払えます。

振り込み用紙にバーコードが記載されている場合はコンビニでの納税が可能となるため、nanacoを使って支払いましょう。

また納税に関してはコンビニでの支払いにおいても、原則現金払いと指定されています。
つまり、いくら振り込み用紙にバーコードがあってもクレジットカードで支払いを完了することもできません。

しかし、セブンイレブンではnanaco電子マネーでの税金の支払いを可能にしています。
nanacoが多くの利用者を獲得している理由のひとつなので、ぜひ覚えておいてください。

支払い方法については簡単で、レジに税金の振り込み用紙を持っていき支払い方法をnanacoと指定するだけです。

店員さんの指示通りに、支払いの準備が整えば読み取り機にnanacoをかざすだけなので非常に簡単です。

(2)nanacoで支払える公共料金

nanacoは税金だけでなく公共料金も支払うことができます。

税金と重なりますが、公共料金においても納付書にバーコードがあればnanacoを使って支払いができます。
上記で紹介した支払い方法と変わらず、セブンイレブンにて店員さんに納付書を提示してバーコードを読み込んでもらい、あとは支払いをnanacoでと伝えるだけです。

現金よりも圧倒的にスムーズな支払いができるので、ぜひ使ってみましょう。

3.注意点

nanacoを使えば、セブンイレブンにて税金や公共料金の支払いができると理解できました。
ここからは、お得に支払いを完了させるためにも知っておくべきポイントを紹介していきます。

(1)現金でのチャージではポイントが貯まらない

まず、nanacoを使うには事前にチャージをしなければいけません。
nanacoは現金だけでなくクレジットカードでもチャージができるので、カードの還元率によってポイントを獲得することが可能です。

その際、現金のチャージではポイントが貯まらないので注意が必要です。
nanacoへチャージをする際、現金ではただチャージをしただけですが、クレジットカードではポイントを貯められることからお得に利用できます。

(2)ポイントの二重取りができるわけではない

以下の物を支払う際は、nanacoポイントが貯まりません。

  • 税金・公共料金の収納代行
  • 切手・はがき・印紙
  • 金券・ギフトカード
  • タバコ

そのため、nanacoポイントは税金や公共料金の支払いでは貯まらないのでご注意ください。
クレジットカードでチャージしたnanacoを使うことで、間接的にクレジットカードのポイントでの還元をうけることができるという認識になります。

(3)ポイント還元されないクレジットカードがある

nanacoにはチャージできないカードがあります
また、nanacoへのチャージは可能でもポイントは付与されないものがあります。

そのため、自分の使っているカードはポイントが付与されるのかということを確認しておくことが大切です。

4.nanacoへのチャージにおすすめのクレジットカード

nanacoを支払いに使う際、ポイントを獲得するためにクレジットカードでチャージをすることが大事とわかりました。
しかしnanacoにクレジットカードでチャージをする際の注意点は、チャージは可能でもポイントは付与されないものがあることです。

ポイントが付与される限られた種類のなかでも、還元率の高いクレジットカードでチャージを行うことで効率良くポイントを獲得できます。

そこでここからは、nanacoへのチャージにおすすめのクレジットカードをピックアップし、特徴などを紹介していきます。

(1)リクルートカード

まず挙げられるおすすめのクレジットカードはリクルートカードです。

リクルートカードは名前の通り、あらゆる有名サイトを運営しているリクルートが提供しているクレジットカードで、還元率は1.2%と非常に高いです。
そしてリクルートカードは年会費も無料ですし、最短で即日発行も可能にしています。

日々の買い物はもちろんですが、税金や公共料金の支払いは必ずしなければいけないものです。

そのためリクルートカードのように、高還元率となるクレジットカードでnanacoにチャージをすることで、大量のポイントを獲得できます。

そしてnanacoへのチャージで貯めたポイントは、リクルートが提供しているじゃらんやポンパレモールで活用できますので、お得に旅行に行けたり買い物ができたりします。

注意点として、nanacoへのチャージは月に30,000円までなので、きちんと把握しておきましょう。
■公式サイト
リクルートカード登録ページ※年会費永年無料

(2)Yahoo!JAPANカード

そして続いてのおすすめクレジットカードは、Yahoo!JAPANカードです。

Yahoo!JAPANカードを使うとTポイントが貯められます。
Yahoo!JAPANカードは年会費無料で作成でき、非常に使い勝手が良いTポイントを貯められることから人気のクレジットカードです。

Tポイントの還元率は0.5%とそこまで高くはありません。しかしTSUTAYAやファミリーマートをはじめ、飲食店など幅広い業態で活用できるのが魅力です。

(3)セブンカードプラス

そして上記でも紹介した、nanacoが一体となっているセブンカードプラスもおすすめです。

セブンカードプラスは初年度の年会費は無料なので、気軽に利用できます。
通常、翌年以降の年会費は500円かかります。しかし年間での支払い額が50,000円以上となれば無料です。

セブンカードプラスの還元率は0.5%とあまり高くはありません。しかしnanacoと一体型になっていることから今後ポイント付与の対象外となる可能性は極めて低いため、持っておいて損はしにくいでしょう。

また、セブンカードプラスでは土曜日か日曜日にカードへ入会をすると最大で6,000ポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しています。

またオートチャージ機能が付いているので、残高不足となる心配も少ないです。

申し込みをしてから最短1週間で届くため、税金や公共料金の支払いをnanacoで行おうと考えている方は、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。
■公式サイト
セブンカード・プラス登録ページ※初年度年会費無料(その後もご利用に応じて無料)

5.税金などをnanacoで支払い節約に繋げよう

nanacoを使えば税金や公共料金をコンビニで支払うことができ、かつ現金とは違いクレジットカードでチャージをすればポイントも獲得できるため非常にお得です。
nanacoは年会費などもかからず無料で利用できますし、全国展開しているセブンイレブンで支払いに対応しているため使いやすい点もメリットといえます。

納付書にバーコードがあるものは、セブンイレブンにてnanacoで支払いができるため意識してみましょう。

またnanacoを利用した分のポイントを獲得できることから、結びつけることをおすすめされているクレジットカードもありますので、ぜひチェックしてみてください。

税金や公共料金は固定でかかってくるものなので、現金でただ支払うだけでなく還元を受けるという考えを持つことで節約に繋げられます。

関連記事
税金 クレジットカード
税金をクレジットカードで払うとポイントがたまります!
2017年1月4日より国税をクレジットカードで支払うことができるようになりました。 また、一部の自治体では以前から、…
この記事が役に立ったらシェアしてください!

あなたへおすすめの記事

GoogleAdsense関連コンテンツ