アリペイ(Alipay)を日本の銀行カードで登録する方法

★ お気に入りに追加
アリペイ 日本の銀行カード

最近インバウンドマーケ活動によりますます存在感高まる「アリペイ」。

キャッシュレスでアリペイしか対応していないお店や、アリペイ利用者なら割引が効くサービスをする飲食店も増えています。

そんなアリペイですが、これまでは海外銀行カードを対応しておらず、使いたい場合中国銀行カードか、知り合いに振り込んでもらうかしかできなかったのですが、最近海外カードも対応できるようになりました!

この記事では、具体的にどのようにアリペイを使えるようにするか、一歩一歩説明していきたいと思います。

アリペイ(Alipay)アプリダウンロード

まずはアプリをこちらからダウンロードします。

iOS デバイス

Androidデバイス

新規登録(Sign up)

アプリを起動し、画面一番下の「Sign up」を押します。

初期設定が「China(中国)」になっているため、「Japan(日本)」に変更します。

中国国内で、中国の電話番号で申請する場合は、そのままで大丈夫です。

矢印が示すところを押し、設定を変更します。

 

次に電話番号を入力し、登録コードを取得します。

 

「アリペイ海外版を使用しるのに同意しますか。」と確認する画面に映ります。

「YES」を押して確認します。

これで登録完了です。

チャージ機能を申請する

次はアリペイの送金機能を申請します。

矢印がさす「START」を押します。

 

すると、こちらの画面に移ります。

①は、「Bank of Shanghai」と書いてあります。「上海銀行のカードなんて作った覚えないよ?」と戸惑うかもしれませんが、今回アリペイを日本のカードで申請する場合、こちらの上海銀行プリペイドカードにチャージする仕組みになっています。ですので、誰でも自動的に上海銀行のプリペイドカードが事前に準備されていることになります。

②は、チャージ金額を表しています。今回日本のカードからのチャージは、2000元(約31000円)が上限になっています。自分で金額を任意設定する場合は、「Other Amount」から設定画面に入れます。

チャージ金額を選択してから、個人情報と銀行カード情報の入力に入ります。

上から下まで、これらの情報を入力します。

  • 国籍
  • パスポート番号
  • パスポート上の名前
  • 生年月日
  • パスポート写真

カード情報は以下の情報を入力します。

  • カード番号
  • 使用期限
  • CVV

これで、申請は完了です。

まとめ

アリペイが海外版を出して、やっと日本人観光客や短期出張者も中国でアリペイを他人の助けなしに使うことができるようになりました。

上海銀行のプリペイドカードにつなげるなど、斬新な仕組みでなれない方もいるかもしれませんが、手数料などはかからないため、ぜひアリペイを平日でもより多く使ってみてください。

 

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ