インボイス制度

軽減税率の導入により、税率が8%と10%に分かれることは、消費者にとっても事業者にとっても大きなインパクトです。

そして、事業者にとって、もっと大きな影響は、日本版インボイス制度が始まり、請求書に必要な記載事項が追加されることです。

とはいいまして、すぐにインボイスが必要になるわけではなく、2019年10月1日~2023年9月30日の4年間は「区分記載請求書」が利用されます。

そして、2023年10月1日から「適格請求書(インボイス)」が必須になります。
インボイスがないと、仕入税額控除ができなくなります。

企業の経理担当者や経営者、個人事業主の方は、まずはポイントを押さえて制度導入の準備を進めましょう。

第1回

インボイス制度による影響

インボイス制度の発生する影響について。まずは、こちらをお読みください。
第2回

区分記載請求書の記載事項

2023年9月まで利用される請求書の記載事項やサンプル。
第3回

適格請求書(インボイス)の記載事項

2023年10月から利用される請求書の記載事項やサンプル。
第4回

適格請求書発行事業者の登録制度

インボイスを発行するためには、適格請求書発行事業者として登録する必要があります。

「インボイス制度」の記事一覧

全9件中 1-9件