テイクアウト/店内飲食の区別

テイウアウト(持ち帰り)は10%、イートイン(店内飲食)は8%です。

それなら、フードコートはどうなるの? とか、ファーストフード店のように、イートインもテイクアウトもできる場合はどうなるの? と、いろいろな疑問がわくことでしょう。

いくつかポイントがありますので、抑えておきましょう。

第1回

店内で食べたら10%
テイクアウトなら8%

コンビニやファーストフードなど、テイクアウトと店内飲食はどう区別されるのでしょうか。
第2回

軽減税率が適用されるケース/されないケース

フードコート、屋台、カラオケボックスなど、どこまで軽減税率になるのでしょうか。
第3回

外食とテイクアウトの線引きは?

やっぱり持ち帰りたい、など、トラブルになりそうなケースについて解説。
第4回

外食/テイクアウト判定リスト

あらゆるケースの税率を判定

「テイクアウト/店内飲食の区別」の記事一覧

おすすめ ハンバーガー 軽減税率、ハンバーガーを店内で食べたら10%、テイクアウトなら8%

2019年10月1日から、軽減税率制度が始まります。  消費者にとって、一番大きなポイントは、 飲食料品の税率が8% 店内での飲食は10% となることです。 子どもから大人まで…

テイクアウト/店内飲食の区別
おすすめ イートインスペース イートインスペースで軽減税率が適用されるケース/されないケース

飲食料品について、コンビニやスーパーなどで購入し、家に持ち帰る場合は、軽減税率が適用され、消費税率は8%です。 しかし、外食(食事の提供)の場合、軽減税率は適用されず、消費税率が10%となります。 そこで問題…

テイクアウト/店内飲食の区別
全15件中 1-10件